大学概要

インターンシップ


インターンシップは、大学生のうちに実際の仕事の現場に参加し、企業や公共団体の働き方を体験する機会です。もう進みたい道を決めている人も、まだどんな道に進むかわからない人も、この体験が未来を決める指針になるでしょう。

インターンシップは、こう学びます

授業で学ぶ・・・企業の方を招いての業界研究、ビジネスマナー講座などを通じて、就業体験の準備を行います。
 
実習先の決定・・・教員と相談の上、企業・NPO・NGO、地方公共団体、公共施設などの中から実習先を選びます。
 
就業体験・・・実習先で2週間程度、就業体験を行います。
 
報告書の作成・発表・・・実習で体験したことを日誌や成果報告書として提出。報告会で発表します。

目指す職業や業界で就職体験をすることができます(実施例)


ひさかたチャイルド(出版社)―絵本づくりの奥深さを体感する
絵本一冊を仕上げる全工程について学ぶとともに、書店に設置するPOPづくり、表紙デザイン考案などを体験した。イラストの展覧会の見学にも参加。編集の奥深さを知ることができる。
川崎日航ホテル―“おもてなし”をつくる立場を体験する

10日間かけて、宿泊、婚礼、宴会サービスなど、ホテルのあらゆる業務をもれなく体験する。ホテルのおもてなしがどうつくられているかを知るとともに、この仕事のやりがいを実感できる。

茅ヶ崎市 茅ヶ崎ゆかりの人物館―事務作業だけではない、市役所職員の業務を体験

茅ヶ崎市役所が運営する博物館で就業体験。子ども向けのワークショップイベントで、係員として作業をサポートする役割を担い、市民との交流も市役所の重要な役割であることを実感。

わたしの体験紹介

山下 梨絵子さん(経済学科3年)  
金融機関のイメージが覆された4日間でした  訪問先:川崎信用金庫
 4日間のインターンシップでは、最初の2日間でグループワークを行い、また店舗実習に向け、お客様との話し方や実習体験で使う資料のレクチャーを受けました。3日目の店舗実習では緊張しましたが、職員の方々に丁寧に教えていただき、普段見られない窓口の裏側を知ることができたことが、特に印象に残っています。
 私がこのインターンシップに参加したのは、自分の視野を広げるために意識していなかった業種に行ってみようと考えたからです。金融業は静かなイメージでしたが、その認識は覆されました。なにより職場の方々がとてもイキイキとしているのです。笑顔で地域の人々と触れあう様子は新鮮で魅力的でした。
 インターンシップの4日間を経て、信用金庫は希望就職先の選択肢の1つになりました。
このページの先頭へ