大学概要

インターンシップ


インターンシップは、大学生のうちに実際の仕事の現場に参加し、企業や公共団体の働き方を体験する機会です。もう進みたい道を決めている人も、まだどんな道に進むかわからない人も、この体験が未来を決める指針になるでしょう。

インターンシップは、こう学びます

授業で学ぶ・・・企業の方を招いての業界研究、ビジネスマナー講座などを通じて、就業体験の準備を行います。
 
実習先の決定・・・教員と相談の上、企業・NPO・NGO、地方公共団体、公共施設などの中から実習先を選びます。
 
就業体験・・・実習先で2週間程度、就業体験を行います。
 
報告書の作成・発表・・・実習で体験したことを日誌や成果報告書として提出。報告会で発表します。

目指す職業や業界で就職体験をすることができます(実施例)


ひさかたチャイルド(出版社)―絵本づくりの奥深さを体感する
絵本一冊を仕上げる全工程について学ぶとともに、書店に設置するPOPづくり、表紙デザイン考案などを体験した。イラストの展覧会の見学にも参加。編集の奥深さを知ることができた。
川崎日航ホテル―“おもてなし”をつくる立場を体験する

10日間かけて、宿泊、婚礼、宴会サービスなど、ホテルのあらゆる業務をもれなく体験する。ホテルのおもてなしがどうつくられているかを知るとともに、この仕事のやりがいを実感できる。

茅ヶ崎市 茅ヶ崎ゆかりの人物館―事務作業だけではない、市役所職員の業務を体験

茅ヶ崎市役所が運営する博物館で就業体験。子ども向けのワークショップイベントで、係員として作業をサポートする役割を担い、市民との交流も市役所の重要な役割であることを実感。

わたしの体験紹介

堀間 南津帆さん(経営学科3年)  
“働くこと”を見つめ直す4日間でした  訪問先:株式会社アーバン企画開発
 私が体験したのは主に賃貸住宅の仲介業務です。電話やメールでの物件問い合わせへの対応、お客様の物件へのご案内などに取り組みました。ただ物件を貸すだけではなく、「近所のスーパーはどこか?」など、お客様の役に立つことを伝えるのも大切なのだと思いました。いわば、暮らしの価値を提案することが不動産業なのだと思いました。
 また人口減少、空き家問題など業界を取り巻く社会環境に対してはリノベーション事業や貸主へのコンサルティングを行い、課題解決をめざしているところにも社会的意義を感じました。
 体験を通じ、自分が人と関わる仕事に関心があると気づいたのも良かったです。将来の就職活動に向け、“働くこと”を見つめる良い機会になりました。
このページの先頭へ