生きるための多様な知識・価値観を学ぶ。

共通教養科目

「専門性」と「総合性」の両立を重視する和光大学ならではの「教養」を身につける科目。
「教養」とは難しい知識を知っているということではなく、社会生活の中で、仕事の人間関係の中で、悩んだり迷ったりしたときによりどころになるベースのようなものです。ものの見方や考え方を学び、人生を生きるための多様な知識・価値観を吸収してください。

共通教養科目の3つの領域

人間・自然・文化・思想など、多岐にわたるジャンルから学ぶ。

共通教養科目は、「創造的知性の触発」「批判能力の醸成」「世界観の形成」の3つの考え方で構成されています。学べるジャンルは、人間、自然、身体、歴史、現代、文化、表現、思想など多岐にわたり、教室の外で学ぶ授業も豊富にあります。

  • 創造的知性の触発

    創り出す力や切り拓く力、柔軟に生きる力を養います。枠にとらわれず発想の転換を誘発したり、新しいことに挑戦したりと、自ら考え行動を起こすきっかけとなる授業が多く、表現者やアスリートの創意工夫に学ぶ授業も設けています。

    地域デザイン、タウンマネジメント、20世紀文化論、俳句づくりを楽しむ など

  • 批判能力の醸成

    認識する力、判断する力、現状を把握する力を養います。現代社会のさまざまな問題や課題を発見し、客観的な根拠に基づいて、合理的・論理的に思考し省察する力を身につけます。技術者や指導者、専門家の現実感覚に学ぶ授業も豊富です。

    現代思想の地平、性とジェンダー、日常からの科学論、キャリアデザイン など

  • 世界観の形成

    つなげる力や関わる力、世界をわたり歩く力を養います。世界の歴史や古典をふりかえり未来を描く、あるいは、生命・自然・宇宙と個人を結ぶなど、思想家や科学者などに学ぶ科目を用意。思想などを鍛え、自らの基礎となる世界観の形成をめざします。

    地球環境問題の科学、疫学とは何か、アジアとはなにか、企業と人間、理科を楽しむ など

「創造的知性の触発」 科目

地域デザイン / タウンマネジメント / 20世紀文化論 / 俳句づくりを楽しむ / くらしとデザイン / 身体表現とパフォーマンス / 点字の世界

教育の考古学/子どものための歴史/テーマ講義(テーマ「市民」「住む」「時間」「食」など)/現代の日本語/現代の編集と出版/サブカルチャーで学ぶ現代史/文学の創造性/数で読む世界/哲学史/心の不安と宗教/宗教と文化/子ども学/子ども理解と学校づくり/人間形成の社会史/ソーシャルワークと生活/生活のなかのデザイン/ユーラシアの歴史/情報基礎科学/コンピューターを学ぶ/短歌づくりを楽しむ/連句づくりを楽しむ/歌遊び・パネルシアターを楽しむ/音と楽器のミンゾク学/身体表現論/手話の世界/クリエイティブ・ダンス/スポーツ文化

「批判能力の醸成」 科目

現代思想の地平 / 性とジェンダー / 日常からの科学論 / キャリアデザイン / メディアから読みとく社会 / 青年心理学 / 人づきあいのスキル

地域社会とスポーツ/国際社会とスポーツ/反発達論/現代社会と文学/精神分析の地平/映像表現の地平/青年心理学/沖縄の歴史/日本近代のもたらしたもの/近代日本の市民と軍隊/海外留学の歴史/平和心理学/環境と食糧/法と人権/法令の読み方入門/現代社会と憲法/法と社会の諸問題/現代世界が直面する諸課題と国際社会の対応/情報と現代/キャリアデザイン/キャリア発達論/「親になること」とは/保育実践と保育者の専門性/自殺学/発達障がいと大学/生活と気象/日常からの科学論/文化・芸術と経済/人づきあいのスキル/共生社会とスポーツ/地域文化と身体教育/健康づくりとトレーニング/健康づくりとボディワーク

「世界観の形成」 科目

地球環境問題の科学 / 疫学とは何か / アジアとはなにか / 企業と人間 / 理科を楽しむ / 動物と人間の関係史 / ギリシア神話を読む / フィールドで学ぶ足もとの自然

和光大学とフィールドワーク/和光大学の歴史と現在/大学マネジメント論/フィールドで学ぶ山村社会/里山保全の理論/里山保全の実際/東南アジアの文化とことば/自然環境を詠む/歴史と遺跡/火と人間の文化史―原始技術史入門―/世界美術の歴史/グローバル化する現代の世界と経済/天文学/科学技術の営みと世界観/沖縄の自然/流域を知る/循環型社会/基礎から学ぶ原発・エネルギー論/生物の多様性/先端科学と私たちの社会/科学技術社会論/疫学に学ぶ/エスノグラフィーの世界/自然活動/身体のはたらき/アジアの身体

ここがよかった!共通教養科目

竹下 稜さんの場合経済経営学部 経営学科2年(神奈川県・白山高等学校 卒)

地域デザイン

現実の地域社会の課題を力を合わせて解決!柔軟な発想が試される。

「地域デザイン」は、農業の6次産業化を体験し、地域の活性化を実践的に学ぶ科目です。実際に野菜や果物を自分たちでつくることから始まり、学生同士、力を合わせてさまざまな課題の解決に取り組みます。社会人や企業の方と協働する機会が多く、インターネットでは知ることのない社会の現実を肌で感じることもできました。

< その他のおすすめの授業 >

数で読む世界

高校までに習う簡単な計算から応用問題や、パズルやクイズ問題に挑戦し、なぜその答えにたどり着くのかといった、客観的・論理的思考を鍛えるという、ユニークな授業です。頭をしっかり動かせるのでやりがいがあります。数学などが苦手な人にもおすすめです。

<竹下さんが思う、共通教養科目の魅力 >

  • ・共通教養科目は、一つ一つの授業に違う良さがあり、学部学科の授業を受けるだけでは得ることのできないものがあります。
  • ・多様なトピックから選び、自身の将来に変化を与える授業と出会えます。

髙橋 優斗さんの場合経済経営学部 経営学科2年(東京都・富士森高等学校 卒)

和光大学と
フィールドワーク

自分は大学で何を学ぶべきか、何に興味があるのか、見つめなおす機会が、ここにある。

基本的に決まった教員が授業をするわけではなく、教員が入れ替わりでそれぞれの研究分野の授業をするという少し変わったスタイルの授業です。それぞれの教員が講義するジャンルがかなり異なるため、今後の学びたい分野を見つけるきっかけ作りになると思います!

< その他のおすすめの授業 >

地域デザイン

提携していただいている農家さんのご協力のもと、さつまいもや川崎市麻生区の特産である万福寺人参を育てて実際に出荷までを体験しました。値段設定のために直売所などの市場を調査し、流通に関する知識も得ることができたと思います。

<髙橋さんが思う、共通教養科目の魅力 >

共通教養科目は、専門科目に属さない分野や専門科目のベースとなるようなことを学べる授業だと思います。専門科目を学ぶうえでも、未来を生きるうえでも、必ず生きてくることを学べるため、多く履修して絶対損のない授業だと思います。