社会と文化、教育と発達、経済とビジネスの
領域研究を、より高度に、より深く。

⼤学院 社会⽂化総合研究科(修士課程) 

⼤学院 社会⽂化総合研究科の学び

人間の心理や発達と教育、環境、ユーラシア、弱者・マイノリティー、さらには経済・ビジネスの場をフィールドとして、さまざまな問題に取り組んでいます。

⼤学院の特徴

和光大学大学院 社会文化総合研究科には、「心理学専攻」(2020年4月設置)と「社会文化論専攻」の2つの専攻があります。大学院の研究と教育の手がかりは、私たちの前にある現代社会と人間の諸問題です。それら諸問題を理解し、解決する道を探るために、既存の学問の枠組みにこだわらず、専門諸分野の協力によって総合的研究を進めます。

⼤学院の3つの方針

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
本学の大学院では、私たちの前にある現代社会と人間の諸問題を理解し、解決する道を探るために、既存の学問の枠組みにこだわらず、専門諸分野の協力によって総合的研究を進めることを目標としている。このような研究理念に沿った、深い学識と専門的な能力を培い、変化する社会に対応し、十分に貢献する専門的能力を身につけることを大学院修了の要件とする。専門的研究能力を研鑽し、学位論文審査基準に沿った論文の審査、試験を経ることを必須とする。
教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)
学部における教育を踏まえ、本学の持つ専門性、学際的な研究をより一段と深め、高度な研究能力を有し、社会の専門的職業を担うに十分な人材を育成するために、心理学コース、現代社会文化論コース、発達・教育臨床論コース、現代経済・ビジネスコースの4つの教育課程を編成している。
入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)
現代社会と人間の様々な問題に関心を持ち、高度な学識と専門的研究能力を身につけることで、実社会に貢献したいと希望する人を受け入れる。

修⼠論⽂の評価基準

  • ・ 修士の学位を受ける者は、各専門分野・コースにおける基礎的な研究能力を有する必要がある。その上、申請者は修士論文を提出する義務がある。
  • ・ 修士論文は、これらの能力を修得し、一定程度の学術的価値を有し、学界の発展への貢献が認められることで評価する。
  • ・ 修士論文は、申請者が主体的に研究を取り組んで、学問的にまたは社会的に意義があり、単著である。内容には独自性があり、著作権を侵害しない。
  • ・ 修士論文は、日本語または英語で書かれ、明瞭かつ平明な文章で示す必要がある。論文題目は指導教員と相談の上、決定し、論文の中には研究の背景や目的、先行研究や関連研究の現状、研究方法、研究内容の位置づけや意義、さらに結論が適切な章立てにより含まれるものとする。
  • ・ 修士論文は、指導教員と相談しながらテーマを決め、仮題目を提出する。1 年間終えたら公開の中間発表会を実施、それで認められたらさらに 1 年以内またはそれ以上の期間で最終題目と最終論文を提出する。最終論文の審査は主査とする指導教員と 2 名の副査で実施し、指導教員が最終的に評価する。評価に問題なければ公開の最終発表会を実施する。
  • ・ 修士論文は、以下の評価項目で評価を行う。
    • (1) テーマの選択と研究方法が適切である。
    • (2) 文献調査や先行研究などを正確に読解している。
    • (3) データや資料などを的確に収集・処理している。
    • (4) 独創的な分析、解釈、提案などを行っている。
    • (5) 論旨が明快であること。
    • (6) 論理的な文章であり、よくまとまっている。
    • (7) 不正がない。
  • ・ 修士論文の評価基準は以下のとおりである。
    • (1)評価項目のすべてを満たしていない論文は「不可」とする。著作権の侵害などの不正があれば「不可」となる。
    • (2)著作権の侵害などの不正がある場合を除き、評価項目のいくつかを充分に満たしていない論文は、「良」と「可」いずれかの評価とする。
    • (3)評価項目を概ね満たし優れている論文は、「優」とする。さらに、大変優れている論文は、「秀」とする。

院生VOICE

心理学専攻 心理学コース
家田 亜香利さん 修士課程2年
和光大学 経済経営学部 経営メディア学科(現・経営学科) 2008年3月卒
武蔵野大学 人間科学部 人間科学科 2019年3月卒

  • 子どもたちがきっかけで、心理学研究の道へ。

    私が心理学を学ぼうと思ったのは、社会に出てからでした。大学時代は経営を学んでいて、卒業後は病院の事務として働いていました。病院には子どもから高齢者の方までいろいろな方がやってきます。病院に来る人は何らかの不安を抱えていますから、できるだけ優しく接するように心がけていましたが、子どもは簡単にいきませんでした。その悩みを解消したくて、休みを利用し、放課後デイのボランティアに参加しました。そこで知ったのは、子どもそれぞれに、発達障がいのタイプや状態に違いがあるということでした。子どもたちの話を聞いているうちに自分の考え方とズレがあるように感じました。そこから心理学に興味を持ち、まず大学の通信教育で学び始めました。そして国家資格の公認心理師資格の取得をめざし、和光の院に進んだのです。

  • 大学院の学びは、最初は心配だった

    1年次は、週5くらいのペースで指導を受けていました。当初は対面で心理学を学ぶのは初めてだったこともあり、学部から上がってきた人と知識や勉強経験の差があることに、不安を抱いていました。2020年度はコロナ禍により授業がほぼオンラインになり、結果的に通信教育と同じような環境になったため、自分のペースを保ちながら学べたので、なんとか乗り切れました。2年次からは大学に行く機会も増え、オンラインでしか話していなかった仲間と、院生室で触れ合うこともできるようになりました。研究の話だけではなく、プライベートな話も自然と話せる、学生らしい環境で学べています。

  • 発達障がいへの支援、そのあるべき姿とは?

    私の研究テーマは「矯正施設を退所・出院した発達障がいがある人への就労支援」です。発達障がいのある人への理解や支援は、社会全体の課題になっています。発達障がいを有する在所者・在院者の割合も年々増加しています。そのため、特に矯正施設を退所・出院した後の支援体制について研究しています。具体的には全国122の矯正施設を対象にアンケートを行い、その結果を分析し、さらに面接調査を行う予定です。その上で司法犯罪と福祉領域との連携について調べ、そこから、今後のあるべき姿について考えていくつもりです。大学院では、私なりの発見をして、少しでも社会の中で役立てられる研究ができたらと思っています。

社会文化論専攻 現代社会文化論コース
野瀨 王偉さん 修士課程2年
大東文化大学 国際関係学部 国際文化学科 2019年3月卒

  • 神話学を学ぶなら、和光だった。

    私はもともと、研究に本腰を入れるとは思っていませんでした。世界の歴史に興味があり、大学は国際文化学科へ進学し、東アジアやオリエントの歴史をはじめ、さまざまな文化について学びました。そんな中、子どもの頃から関心があった物語、特にその原型ともいえる神話について個人的に研究を始めたのです。また、将来は学芸員になることをめざしていました。学芸員は研究者と両立している人が多く、得意分野を持っているほうが採用にも有利になると考え、大学院進学を決めました。学ぶなら神話学、それもこの道の大家である松村先生に学ぶ以外にないと、和光に進学しました。

  • 院だけではなく、学部の授業まで履修できる喜び。

    独学で勉強していたものの、神話学を研究する上では、まだ知識不足を感じていました。
    そこで、学部の授業も履修できる和光の大学院の特徴を生かして、1年次は神話学に関わる授業を夢中で履修しました。坂井弘紀先生や松枝先生の講義も深く印象に残っています。また指導教員である松村先生のご厚意により、学部生のゼミにも参加させていただいています。それと並行して、大学院の授業として対話形式で原典資料にあたったり、一週間ごとに短めのレポートを作成し、発表していました。
    この1年ほど勉強に集中したことは今までなかったかもしれません。松村先生はまさに博覧強記で、私の興味について相談すると、すぐに論文や参考書を紹介してくれます。親身にアドバイスしてくださるので、研究に対する熱意も自然と湧いてきます。

  • ギリシャ神話の英雄たちは、なぜ魚を食べない?

    私の研究フィールドは、ギリシャ神話が中心ですが、ギリシャ神話に限らず「とにかく世界中のたくさんの物語を知りたい」「その流れや構造の原点を知りたい」という気持ちがあります。知識が自分の糧になることや、「あ、この話は聖書だな」といった発見ができることに喜びを感じるからです。修士論文はギリシャ神話における食事に着目したものを書こうと思っています。神話の登場人物は肉は食べても、魚は食べません。ギリシャは日本と同様に海岸線が広く、海産資源豊かな国であるにもかかわらず、魚を食べないのです。不思議に思いませんか?この観点を発展させるべく、日々研究を続けています。なにより和光の大学院に進んで良かったのは、研究することが好きだとわかったことです。それに気づけたことが、私にとって一番の成長だと思います。