教養と技術を磨き上げた、
つくる人へ

表現学部芸術学科

芸術は、一部の閉ざされた人のものと考えられがちですが、実は社会と密接に関係しています。美術やデザインという文化の一端から、作品を発表し、伝えるためには、幅広い教養と表現技術の修練が必要となります。芸術学科では、「制作」「批評」「企画」「編集」と、表現に関連するさまざまな手段・手法を学ぶことで、社会に貢献できる文化人を育てることを目的としています。

芸術学科の特徴

  • 3つの系から自由に組み合わせ

    アート、デザイン、プランニングの3つの系があり、そのあいだの行き来は自由。ゼミナールも2・3 年次は複数選択でき、多分野の異なる考え方や手法を知り、視野を広げることができます。

  • 基礎力養成も重視

    さまざまな形態の入試で入ってくる新入生のために、1年次で取る科目にデッサンや色彩研究演習、デジタルデザイン基礎などの基礎科目も充実させています。

  • フィールドワーク

    入学直後に大学近郊でのフィールドワーク(原則全員参加)があり、ここで気の合う仲間を見つけることができます。また、希望者は長期休暇を活かして国内外のフィールドワークにも参加可能(経費別途)。ここで貴重な体験を積むことができます。

  • 豊富な学内外展覧会

    ホワイトギャラリー、パレストラ体育館への大きな通路=ホワイエ、図書・情報館脇の展示室など多くの展示空間を学内に常備、ゼミ展などに活用しています。また学外での展覧会も多く開かれています。

4年間の学び

  • 1年次

    芸術への理解を深める

    「作品鑑賞」「レポートの書き方」「プレゼンテーション」「P Cリテラシー」「レイアウトデザイン」などを広く学びます。各系統の教員が専門分野を紹介し、実技や講義を通じて「アート、デザインとは何か」を考えます。さらに静物・人物などのデッサンを通じ、将来の表現や分析に必要な観察力・描写力を培います。

  • 2年次

    専門性を高める

    3つの系から専門性を追究。アート系では絵画、版画、立体造形、写真などの実技、デザイン系ではPCスキルを習得、プランニング系では講義やワークショップを通じてさまざまな作品への鑑識眼を養成。専門分野を横断的に学び、その成果は表現活動の軌跡として2年次からポートフォリオにまとめます。

  • 3年次

    ゼミナールでの学びを強化

    専門性を高める2年次からの学びを継続しつつ、ゼミナールでの学びを強化。ゼミナールは2年次より3つの系から選択可能。実技系のゼミナールは、学内の展示室や学外で積極的に作品を発表。プランニング系のゼミナールは、雑誌の編集や展示の企画、作品鑑賞・批評を重ねます。

  • 4年次

    4 年間の集大成へ

    卒業制作は、ゼミナール指導教員のもと、自分の表現や考え方をまとめていきます。ジャンルを問わず、“自分にしかできない”卒業制作や卒業論文を制作・執筆。2月頃にギャラリーや美術館で発表します。展覧会場計画、企画、広報、カタログ制作まで学生が行い、鑑賞者の視点を考えた展示や運営も経験します。

学生VOICE

岡 夢野さん 3年(熊本県・熊本信愛女学院 卒)

  • なぜこの学科を選んだのですか?

    なぜこの学科を選んだのですか?

    まだおぼろげでしたが、将来は美術に関わる仕事がしたいと考えていたからです。高校では美術部の活動に熱中し、3年間で50号の絵画作品を3枚描きました。大学でも人の視覚や触覚を刺激するような作品づくりについてさらに追究したい、また絵画だけでなく、デザインなどについても学びたいと考え、芸術学科に進学しました。和光は講義バイキングのしくみがあり、美術以外のジャンルについても学べるのも魅力でした。

  • この学科にはどんな特長がありますか?

    自分の興味に合わせて、さまざまな表現ジャンルや方法を学べるところです。美大だと絵画なら絵画、デザインならデザインを集中して学ぶイメージですが、和光の芸術学科は学びたいと思ったことは自分で選べます。私の場合、「見る側の感覚に語りかけるもの」というテーマで、広告やパッケージ、プロダクト、ユニバーサルデザインなどについて横断的に学んでいます。先生や仲間もただ楽しいだけでなく、自分の意見をしっかり話してくれる人が多い。日々ふれあう中で良い刺激を受けられる環境だと思います。

  • どういう人に向いていると思いますか?

    私にとって芸術学科は、自分の思いやメッセージを発信できる、または発信する力を身につける場です。文字にできない、言葉にできない難しい感情や感覚を、形や色によって伝えることを追究したい人に合っていると思います。これまでの学びの中で、人の感じ方や考え方は人それぞれで正解などないことに気づきました。自分が良くないと思っても、他人の評価は違うことはよくあります。まず自分がどう思うか、そして芯を強く持つこと。物事にきちんと向き合う姿勢も身につくように思います。

研究(卒業論文・卒業制作)テーマ例

  • ・1960年代の日本画界(論文)
  • ・はなあかり 照明器具(プロダクト)
  • ・日本美術として楽しむアニメーション(映像)
  • ・RADS(コミック表現を生かしたストリートファッションブランドの広告展開)
  • ・トーチー(木版・シルクスクリーンによる絵本)
  • ・人人人(絵画)
  • ・水ゼリーパッケージ クラゲ(プロダクト)

取得できる資格

  • ・[美術]中学校教諭一種
  • ・[美術]高等学校教諭一種
  • ・学校図書館司書教論
  • ・図書館司書
  • ・博物館学芸員
  • ・社会教育主事(社会教育士)