「生命系」「身体文化系」「社会学系」の
3つの領域から「人間とは何か?」を追究する

現代人間学部人間科学科

「いのち:生命」「からだ:身体」「まわり:環境、社会」というキーワードを、遊戯要素を含むゆとりのある連携という意味での「あそび」概念でつなぎ、それぞれの切り口による横断的な学びを通して現代社会を読み解きます。人間どうしの共生のみならず、人間と人間以外のものとの共生を含め、広い視野から「人間とは何か?」を探究します。

イメージ図

人間科学科の特徴

  • 3つの専門領域を横断的に学べる

    「生命系」「身体文化系」「社会学系」の3つの専門領域から、複数の教員による領域横断的な学びを通じて、好奇心と探究心を刺激しながら「人間とは何か?」を追求します。学生自身の選択により自由な学びを保障しています。

  • カリキュラムを拡充し、社会学系科目が学べるように

    従来のスポーツ・健康・環境・福祉に加え、ジェンダー/セクシュアリティ、労働、貧困、不平等と差別、グローバル化する社会とその課題などについて学ぶことで、人間の行動や社会のしくみについて深く考え、社会問題に向き合える力を育成します。

  • 多様なテーマから、自分の学びを発見

    「スポーツのルールから時代や世界を見つめ直す」「東日本大震災の教訓としていのちの意味を考える」「カンボジアでの運動会支援ボランティアに参加する」など多様な視点・科目の中から自分の学びを発見できます。

  • フィールドワークを重視

    教室の学修だけでなく、実際の現場に足を運ぶ「フィールドワーク」を重視。「いのち(生命)」「からだ(身体)」「まわり(環境、社会)」に関連したテーマに沿ったフィールドで学びを深めます。

  • 多様な「キャリア」に触れる

    学科専門科目の「人間科学キャリア論」という講義では、「キャリア」とは「生き方」のことだととらえています。卒業生も含む多くのゲストスピーカー(いわゆる一般企業だけでなく、NPOや市民活動、フリーランスなどの分野で活躍されている方々)のお話を聞く機会が盛りだくさん。それまで知らなかった卒業後の「生き方」のヒントを得る場になっています。

  • 授業を資格につなげる

    保健体育の教員免許状に加え、社会の様々な場面で活かせる資格につながる学びのプログラムを用意しています。「社会教育主事(社会教育士)」「キャンプインストラクター」「コーチングアシスタント」「認定ムーブメント教育・療法指導者」の資格取得をサポートしている他、大学独自の「地域流域プログラム」「ジェンダー・スタディーズ・プログラム」などもあり、関心に応じてチャレンジできます。

4年間の学び

  • 1年次

    自由に羽ばたき始める

    大学で学ぶための基礎スキルを少人数クラスで身につけます。また導入科目には専門領域が異なる3 人の教員がテーマを決め、横断的な授業を行う「人間科学研究論」と様々な仕事の現場を知り、将来の進路について考える「人間科学キャリア論」があります。

  • 2年次

    関心の幅を広げていく

    人間科学科が掲げる「生命系」「身体文化系」「社会学系」の3つのキーワードに沿った専門科目の履修がはじまります。複数の教員による領域横断的な学びを通じながら「人間とは何か?」を様々な角度から追求していきます。

  • 3年次

    ますます興味を広げ、深めていく

    「フィールドワーク」は、教室での学修だけでなく実際の現場に足を運ぶことを重視しています。「いのち」「からだ」「まわり」に関連したテーマに沿って、さまざまな場所に出向き、関心のある分野での学びを深めていくことができます。

  • 4年次

    4年間の集大成に取り組む

    2 年次から履修できるゼミナール(人間科学論演習)などで興味を持ったテーマを選び、4年間の集大成となる卒業研究に取り組みます。

学生VOICE

新村 萌の香さん 2年(長野県・信濃むつみ高等学校 卒)
小川 拓洋さん 4年(東京都・新島高等学校 卒)

  • なぜこの学科を選んだのですか?

    (新村さん)「女の子らしさ」の枠にはめられることの違和感を整理したいと思い、「ジェンダー」を学べる和光大学に進学を決めました。 1年次は、大学の勉強方法に慣れることを重視して科目を選びました。学びの基礎力を養うことにねらいを定め、授業の課題に丁寧に取り組むことを心がけました。2年次は、ジェンダーやセクシュアリティ、社会学に関する科目を中心に受講しています。漠然としか知らなかったことが体系化された知識となっていくことや、身近な出来事を違った視点で見られるようになることを楽しんでいます。
    正解のない問いに取り組むという大学での学びは、自分に合っています。授業の課題でも、自分の考えていることをそのまま書いても大丈夫なんだという解放感を味わっています。多様な知識や視点が身につくことが自分の力になっていると感じられ、これまで学力には少し自信がなかったのですが、あまり気にならなくなりました。もちろん成績がよければ嬉しいですが、それがすべてでないと思えるようになり、自分の中の小さな変化を感じています。

  • (小川さん)和光大学は自由な雰囲気の人が多く、自由に学べると高校の先生から勧められ、進学を決めました。講義バイキングでは学部や学科の垣根を越えて好きな講義が取れるので、さまざまな友人ができます。また、1年次の時から軽音楽のサークルに所属していて、月に一度、学校のホールをライブハウス代わりにしてライブを行うのですが、その活動でもいろんな出会いがありました。講義やゼミ、サークルに行くと、それぞれ場の特性があり、違う個性に出会えます。そしてどの場に行っても縛りや偏見もなく、受け入れられやすい環境です。学生と先生の距離感が近いことも特長です。 制野俊弘先生のゼミに入りましたが、ゼミナール以外の時間でも研究室に行けばいろいろなアドバイスをいただけたり、時には趣味の話で盛り上がることもありました。 卒論は「島育ちのメリット・デメリット」。
    自分が新島の出身なのでこのテーマにしたのですが、自分の興味・関心事を自由に研究できるのも和光大学のよさだと思います。大学で何を学べばいいかまだわからない方も、ここに来れば何か手がかりが見つかるかもしれません。

研究(卒業論文)テーマ例

  • ・K-POPアイドルにおけるジェンダーの逸脱と攪乱
  • ・「かわいい」とルッキズムの関係性
  • ・女性アスリートの報道のされ方
  • ・個人化社会における承認格差とそのジェンダー差
  • ・疎外論とメンタルヘルス
  • ・若者の人間関係とSNS
  • ・絵本に描かれた愛情表現にみる母子関係の変容
  • ・ディズニーの魔法:白人社会の内面化
  • ・音楽からみた黒人差別
  • ・ロボットは人間と共生できるか
  • ・鶴見川流域の外来水生生物
  • ・ゴキブリはなぜ人に嫌われるのか
  • ・シモキタの路上観察学――喫煙所に行き交う人びとに注目して
  • ・ラグビー日本代表の戦術的な特長
  • ・スポーツにおける体罰はなぜなくならないか
  • ・スポーツコミッションが地域活性化に果たす役割
  • ・高齢社会における近隣型商店街の存在意義とその可能性に関する研究
  • ・飲食店における補助犬の受け入れに関する研究
  • ・「障がい」に対する心のバリアフリー
  • ・介護をせざるをえない若者たち〜知って欲しいヤングケアラーの現状と今後の在り方
  • ・奨学金がもたらす貧困
  • ・少年犯罪厳罰化の新自由主義的傾向

大学のカリキュラムで取得できる資格

  • ・[保健体育]中学校教諭一種
  • ・[保健体育]高等学校教諭一種
  • ・社会教育主事(社会教育士)
  • ・図書館司書
  • ・学校図書館司書教論
  • ・博物館学芸員

学科の学びと関連する資格

  • ・コーチングアシスタント
  • ・認定ムーブメント教育・療法 中級指導者
  • ・キャンプインストラクター

大学認定プログラム

人間科学科Q&A

人間科学科の特長を教えてください。

ジェンダー格差の違和感、学校での部活動とは異なるスポーツの世界、災害で一変してしまう社会、人間中心で考えられている自然環境・・・。これらは別々の領域の出来事にみえて、現実にはつながっているように感じませんか。
みなさんの「どうなのかな?」という感性は、学びをつうじて「やっぱり、そうなんだ!」という発見に変わり、「でも、どうして?」という新たな疑問につながっていきます。
和光大学の人間科学科は、複数の学問領域を横断させながら、開かれた「人間観」を求める新たな探究へと、みなさんを導きます。

体育・スポーツを専門とする大学・学部との違いは何ですか?

人間科学科では、保健体育の教員を目指す人にも、教員以外のキャリアを選択する人にも、ともに体育に限らない幅広い教養を身につけてもらうようにしています。興味関心に応じて、他学科の科目を履修することも可能です。教員を目指す人には、全国の小中学校で実際に授業を見学したり、現場の先生たちと交流する機会を設けています。

社会学関連の科目を学びたいと思っているのですが、スポーツは苦手です。人間科学科では、スポーツの実技系科目も履修しないといけないのでしょうか?

スポーツの実技系科目は必修ではありませんので、必ず履修しないといけないことはありません。トライしたいと思う科目があれば、履修してみてください。