「生命系」「身体文化系」「社会学系」の
3つの領域から「人間とは何か?」を追究する

現代人間学部人間科学科

「いのち:生命」「からだ:身体」「まわり:環境、社会」というキーワードを、
遊戯要素を含むゆとりのある連携という意味での「あそび」概念でつなぎ、それぞれの切り口による横断的な学びを通して現代社会を読み解き、人間どうしの共生のみならず、人間と人間以外のものとの共生を含め、広い視野から「人間とは何か?」を探究します。

人間科学科の特徴

  • 3つの専門領域を横断的に学べる

    「生命系」「身体文化系」「社会学系」の3つの専門領域から、複数の教員による領域横断的な学びを通じて、好奇心と探究心を刺激しながら「人間とは何か?」を追求します。学生自身の選択により自由な学びを保障しています。

  • カリキュラムを拡充し、社会学科目が学べるように

    従来のスポーツ・健康・環境・福祉に加え、ジェンダー/セクシュアリティ、労働、貧困、不平等と差別、グローバル化する社会とその課題などについて学ぶことで、人間の行動や社会のしくみについて深く考え、社会問題に向き合える力を育成します。

  • 多様なテーマから、自分の学びを発見

    「スポーツのルールから時代や世界を見つめ直す」「東日本大震災の教訓としていのちの意味を考える」「カンボジアでの運動会支援ボランティアに参加する」など多様な視点・科目の中から自分の学びを発見できます。

  • フィールドワークを重視

    教室の学修だけでなく、実際の現場に足を運ぶ「フィールドワーク」を重視。「いのち(生命)」「からだ(身体)」「まわり(環境、社会)」に関連したテーマに沿ったフィールドで学びを深めます。

4年間の学び

  • 1年次

    自由に羽ばたき始める

    大学で学ぶための基礎スキルを少人数クラスで身につけます。また導入科目には専門領域が異なる3 人の教員がテーマを決め、横断的な授業を行う「人間科学研究論」と様々な仕事の現場を知り、将来の進路について考える「人間科学キャリア論」があります。

  • 2年次

    関心の幅を広げていく

    人間科学科が掲げる「生命系」「身体文化系」「社会学系」の3つのキーワードに沿った専門科目の履修がはじまります。複数の教員による領域横断的な学びを通じながら「人間とは何か?」を様々な角度から追求していきます。

  • 3年次

    ますます興味を広げ、深めていく

    「フィールドワーク」は、教室での学修だけでなく実際の現場に足を運ぶことを重視しています。「いのち」「からだ」「まわり」に関連したテーマに沿って、さまざまな場所に出向き、関心のある分野での学びを深めていくことができます。

  • 4年次

    4年間の集大成に取り組む

    2 年次から履修できるゼミナール(人間科学論演習)などで興味を持ったテーマを選び、4年間の集大成となる卒業研究に取り組みます。

学生VOICE

横山 咲希さん 3年(神奈川県・保土ヶ谷高等学校 卒)

  • なぜこの学科を選んだのですか?

    なぜこの学科を選んだのですか?

    保健体育科の教員を目指して入学しました。この学科を選んだのは、資格取得ができることはもちろん、高校時代のアルバイト先に和光大生がいて、親近感を感じていたから。またスローガンで「異質力」と謳っているので、一人ひとりの個性を尊重してくれるのではと思ったことも理由の一つです。入ってみたら、先輩・後輩が仲の良い環境だと感じました。後輩がわからないことを嫌な顔をせず一緒に考えてくれる優しい学生が多いので、学びやすいと思います。

  • この学科にはどんな特長がありますか?

    「身体」「環境」「共生」「社会」など、人間や社会をさまざまな角度から学べる授業が揃っていると思います。私の場合は、保健体育科の教員を目指しているので、資格取得に関わる授業を軸に、スポーツ実技、教育・学校のあり方を考える科目などを組み合わせて学んできました。私のゼミでは、学生自身でイベントの企画・運営を行います。飛び交うさまざまな意見をまとめていくのは大変でしたが、教員の教室運営などに通じるものがあります。この学科は経験を大切にしているといえるかもしれません。

  • どういう人に向いていると思いますか?

    私の周りでは、スポーツをしていた学生が多く、明るく元気がある学生が多いです。自主性や積極性を大切にしている学科といってもいいかもしれません。私自身は中々自分の意見を言えないタイプだったのですが、この環境に揉まれ、自分の意見を発信することの大切さを知り、徐々に積極性を身につけることができました。自分の殻を破りたい、成長したいという気持ちがある人には向いていると思います。

研究(卒業論文)テーマ例

  • ・現代におけるホタルと人の文化関係論
  • ・鶴見川のシマドジョウ
  • ・部活動における体罰問題の実情と課題
  • ・一輪車トレーニングと平衡感覚の関係
  • ・J-POPにみる若者意識の変化
  • ・奨学金がもたらす貧困
  • ・飲食店における補助犬の受け入れ
  • ・サッカー日本代表戦における集客要因
  • ・ジェンダー意識における保健体育科教育の在り方
  • ・現代の若者の保健行動についての一考察
  • ・高血圧症におよぼすマッサージ効果
  • ・若者の人間関係とSNS
  • ・日本の食料自給率と食育
  • ・冤罪の構造と被害者の世界
  • ・隠喩としての発酵

取得できる資格

  • ・[保健体育]中学校教諭一種
  • ・[保健体育]高等学校教諭一種
  • ・学校図書館司書教論
  • ・図書館司書
  • ・社会教育主事(社会教育士)
  • ・博物館学芸員