古典もサブカルチャーも。
多様な文化と表現を自由に学ぶ。

表現学部 総合文化学科

人類が創造してきた文化について、基礎的な知識を学び、深く掘り下げ、日常生活に実践的に生かす力をつけます。多様な領域から、自らの問いやテーマを見いだし、探究することにより、批評的な思考力と異なる文化や異なる表現に向き合う感性を育てます。

総合文化学科の特徴

  • 多様な学び

    カリキュラムは「世界の多様な文化」「日本の文学と文化」「英語圏の文学と文化」「神話とファンタジー」「映像・演劇・音楽」の5つの柱によって構成されています。これらの領域を横断しながら自分独自の学びを追究できます。

  • 「好きなこと」を「学問」に

    例えばアニメでも、旅行でも、自分の好きな対象を追究。それらをどう分析し、何をどう考えれば「学問」になるかを教員が手引きします。学問を身につけることで、どんな仕事にも自信を持つことができるようになります。

  • 広く深い文学の世界へ

    小説やエッセイ、詩、和歌・俳句から、戯曲、評論、民話や神話、ロックの歌詞に至るまで、幅広い文学を掘り下げて思考し、人の文化や世界について理解し、自分自身の探究につなげます。

  • 日本語も外国語も

    言語文化や文法についての深い理解にもとづいた日本語研究と、英語・中国語・ドイツ語を中心とする実践的な外国語学習が可能。応用的な語学力を養成する「英語研修プログラム」「中国語研修プログラム」も用意しています。

4年間の学び

  • 1年次

    文化を多角的に考える

    プロゼミでは図書・情報館の使い方、文献の読み方、発表方法、レポートの書き方など、大学生としての基本的な力とスキルを身につけ、オムニバス「総合文化」ではさまざまな専門の学科教員たちが、それぞれ1つのテーマのもとに、多角的に講義。教員の多彩な授業内容や持ち味にふれ、幅広く横断的な学びに導きます。

  • 2年次

    自分のテーマを探す

    「作詩に挑む」「書道」「ファンタジーの作法」「地域・同時代を撮る」「劇を作る」「編集の現場」など実際に自分で表現し、制作することで技能を習得しながら文化や表現について考えます。「世界の多様な文化」「日本/英語圏の文化と文学」「神話・ファンタジー」など多彩な専門科目を学び、自分のテーマを探します。

  • 3年次

    ゼミナールでテーマを追究

    各自の学問的関心に応じて、大学の醍醐味であるゼミに所属。本格的に専門分野について学び、卒業論文・卒業制作に取り組みます。幅広い分野に興味がある場合には、複数のゼミに所属し、横断的に考えることもできます。フィールドワークにも積極的に取り組み、発見と経験から学ぶ姿勢を身につけます。

  • 4年次

    卒業論文・制作で総仕上げ

    大学の学びは、自分で問いを立て思索し表現するもの。卒業論文・卒業制作では大学での学びの総仕上げとして、学生が主体的でオリジナルな営みを行い、自立して考え表現する人になることをめざします。教員はそのインストラクターに過ぎません。講義バイキングはこのオリジナルな学びのためにあります。

学生VOICE

古澤 怜大さん 3年(神奈川県・大磯高等学校 卒)

  • なぜこの学科を選んだのですか?

    なぜこの学科を選んだのですか?

    私には、大学進学の目的が2つありました。1つは、中学生の頃からずっと続けている小説の執筆のために、文学の方法論や歴史について追究すること。もう1つは国語教員の資格を取ることでした。総合文化学科にはどちらにも取り組める環境があったことが進学の決め手になりました。和光大学は先生も親しさがあり、陽気な学生が多いイメージで、実際にその通りだったと思います。

  • この学科にはどんな特長がありますか?

    総合文化学科の学びは、幅広いジャンルがあります。やりたいことがある人はそれに打ち込めますし、まだ見つかっていない人は興味のあるものを発見できるのではないでしょうか。
    私の場合は「文学の創造性」という授業で、酒寄先生と出会えたことが大きかったです。ドイツの文学や歴史、文化に精通しているだけでなく、とても楽しそうに話す姿に教師としての理想を見たようでした。ゼミでもお世話になり、小説の読み方、構成の考え方などについて学んでいます。

  • どういう人に向いていると思いますか?

    表現について考えたい、自分の表現力を磨きたい人におすすめの学科だと思います。私が授業を受けている範囲では「異化」について考えることがよくありました。多数派の常識に対して疑問を持つこと、少数派の常識は本当に非常識なのかと考えること。どちらの立場からも考えることにより、思考が深まり、第三者視点の考え方も身につけることができるように思います。

研究(卒業論文・卒業制作)テーマ例

  • ・『ハリー・ポッター』における英語進行形の意味と用法
  • ・ アメコミ映画とヒーローの多様性について
  • ・ T・S・エリオットを読む
  • ・ 村上春樹と新海誠の作家性の比較
  • ・『蟲師』人が怪異に引き付けられる理由
  • ・ 映画『プロメア』の世界観
  • ・ ヒルコ神話の研究
  • ・ ジェンダーから読み解く莫言文学
  • ・ 神話における蛇と竜とドラゴン
  • ・ 遊牧民の社会構造
  • ・ 平安貴族の結婚観
  • ・ 古代の水信仰について
  • ・ 本のある空間―図書館構築の可能性
  • ・ 英語学習における苦手意識の形成について
  • ・ マンガ・アニメ聖地における聖性
  • ・ アジア文化圏における異文化の定着についての考察
  • ・ 中国語を母語とする人々のための日本語教育について
  • ・ SNSにおける文末表現について
  • ・ ネットスラング分析
  • ・(制作)夜の女神
  • ・(制作)心が落ち着く映像づくり

取得できる資格

  • ・[国語]中学校教諭一種
  • ・[国語]高等学校教諭一種
  • ・[英語]中学校教諭一種
  • ・[英語]高等学校教諭一種
  • ・学校図書館司書教論
  • ・図書館司書
  • ・博物館学芸員
  • ・社会教育主事(社会教育士)