学生生活

日本学生支援機構奨学金(貸与制)

 日本学生支援機構奨学金は就学意欲がありながら、経済的に就学が困難な学生に学資を貸与することにより、有為な人材を育成すると共に、教育の機会均等を図ることを目的としています。
 日本学生支援機構奨学金を希望する人は、必ず申請に必要な書類を大学から受け取ってください。例年4月に申請希望者を対象とした説明会を開催しています(2020年度以降は新型コロナウイルス感染症対策のため中止)。申請手続きに係る詳細は学内掲示板・和光ポータル・HPにて周知いたします。

第一種奨学金(無利子貸与)


学部生 大学院生
貸与月額

自宅通学:2万円、3万円、4万円、5万4千円から選択

自宅外通学:2万円、3万円、4万円、5万円、6万4千円から選択
5万円、8万8千円から選択
申請資格

1年生:高校の評定平均値が3.5以上の者、または高認合格者

2年生以上:大学の成績が上位3分の1以上の者
大学等ならびに大学院における成績が特に優れ、将来研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な能力を備えて活動することができると認められる者
出願時期

定期在学採用:4月(4月に説明会実施)

緊急採用:家計急変発生時
返還時期 概ね10〜20年 ※借用総額によって異なります。
備考 第二種奨学金との併用貸与可能

第二種奨学金(有利子貸与)


学部生 大学院生
貸与月額

2万円から12万円のうち1万円単位で選択

5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択
申請資格

1年生:高校の成績が平均以上の者、または高認合格者

2年生以上:大学の成績が平均水準以上の者
大学院における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
出願時期

定期在学採用:4月(4月に説明会実施)

応急採用:家計急変発生時
返還時期 概ね10〜20年 ※借用総額によって異なります。
備考 第一種奨学金との併用貸与可能

入学時特別増額貸与奨学金

 1年次に入学した学生および編入学の学生が第一種・第二種奨学金の貸与を受ける場合、増額貸与を希望することができます。10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から貸与額を選択できます。

給付奨学金(高等教育の修学支援新制度)※学部生のみ


学部生
給付月額

世帯の所得金額に基づく区分(第Ⅰ〜Ⅲ区分)に応じて、通学形態により定まる金額が振り込まれる。

第Ⅰ区分:自宅通学 38,300円(42,500円)/自宅外通学 75,800円
第Ⅱ区分:自宅通学 25,600円(28,400円)/自宅外通学 50,600円
第Ⅲ区分:自宅通学 12,800円(14,200円)/自宅外通学 25,300円

申請資格

1年生:次のいずれかに該当すること
 ①高校2・3年次の評定平均値が3.5以上ある(小数点第2位四捨五入)
 ②高卒(大検)認定試験の合格者である
 ③学修計画書により学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できる


2年生以上:次のいずれかに該当すること
 ①上記GPA値が、所属する学部等において上位2分の1以上である
 ②修得単位数が標準単位数以上であること、かつ学修計画書により学修の意欲や目的、将来の人生設計等が確認できる
 ※ 標準修得単位数 = 2年次生:31単位以上、3年次生:62単位以上、4年次生:93単位以上
出願時期

定期在学採用:4月および9月

家計急変採用:家計急変発生時
備考 貸与第一種・第二種奨学金との併用貸与可能。ただし貸与第一種奨学金を併せて受ける場合、給付奨学金の支援区分等に応じて第一種奨学金の月額が調整(制限)される。
採用候補者(予約採用)

 高校在学時に申請手続きをし、奨学生採用候補者に決定している入学予定者(新1年生)は、入学後に交付手続きをする必要があります。入学後速やかに「大学等奨学生採用候補者決定通知」を学生支援室に提出してください。大学等奨学生採用候補者決定通知」を提出しないと奨学金の振込は開始されません。


貸与が終了した人(奨学金返還予定者)

 奨学金の貸与が終了した人は、奨学金を返還するための手続きをする必要があります。

 ※貸与終了後の手続きについての詳細はこちら

このページの先頭へ