ホーム > 資料・情報検索 > コレクション

コレクション

  • *表示のある文庫・資料を利用したい場合は、3Fレファレンスカウンターまで申し出てください。
    事前に特別閲覧許可の申込が必要となります。当日の利用はできません(資料の状態によっては利用できないこともあります)。

美術関係資料 / 教育関係資料 / アジア関係資料 / その他の資料

美術関係資料

MoMAコレクション

ニューヨーク近代美術館で開催された展覧会カタログを集めたコーナー。
展覧会カタログのほか、MoMAによるアート研究書や年報類など約450件(*)のコレクションです。

ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York)は、1929年に3人の女性によって開設されました。以後、通称MoMA(モマ)と呼ばれ、世界のアート界をリードしてきました。
MoMA以前の美術館は19世紀以前の美術を対象とした収蔵品が中心でしたが、MoMAは20世紀以降、つまり同時代のアートを対象とし、いわゆる近代美術館のはじまりでもありました。
その活動ジャンルは、美術・デザイン・写真・映画・建築と幅広く、私たちの時代をヴィジュアルに捉え、その試みは今も実践されています。

ここには展覧会カタログやMoMAによるアート研究書、年報類など約450件(*)があります。これほどの規模が開架で公開され直接手にとって利用できるのは、国内では本学だけです。
貸出もできますので、ど うぞご利用ください。

2008年4月

*2014年4月現在、約690件。
MoMAカタログコレクションタイトルリスト(PDF 330KB)

画廊リーフレットコレクション

ギャラリー(画廊)のカタログを集めたコーナー。

展覧会カタログには大きくわけて2種類あります。
「美術館のカタログ」と「その他」です。
「その他」のなかには重要な資料として、ギャラリー(画廊)のカタログがあります。
しかし、これらは一般の書籍のようには流通しませんし、薄く、形状もさまざまで、図書館でも扱われることが少ない資料です。

図書・情報館では2000年以降、多くの寄贈をもとに、整理を進めてきました。
画廊などの発行所別に箱に入れ、強度があるカヴァーをつけ、開架で直接手に取って利用できるようになっています。
また、<さとるくん>では作家名や画廊名で検索もできます。
その件数は約5,000件、美術大学や全国の美術館ライブラリーにも引けを取らない充実度をもち、国内のアートシーンの現場を体験できる、本学図書・情報館の大きな特色となっています。
貸出もできますので、どうぞご利用ください。

2011年6月

教育関係資料

梅根文庫

  • 和光大学初代学長、梅根悟氏旧蔵書
  • 戦前から戦後にわたる教育思想・教育史を中心とする寄贈図書
  • 和書3,220冊、洋書659冊

及川文庫*

  • 及川平治氏旧蔵書
  • 1900年代初期にアメリカで刊行された教育学、心理学関係資料 洋図書
  • 266冊

家永教科書裁判関係資料*

  • 「教科書検定訴訟を支援する全国連絡会」寄贈資料
  • 裁判所提出資料控
  • ビラ、パンフレット類、活動記録等
  • 教科書、図書その他

日教組・全教教研資料*

  • 日教組教育研究全国集会報告書(1954-1989)
  • 全教教育研究全国集会報告書(1991-1996)

アジア資料

朝鮮資料

  • 本学所蔵の朝鮮関係資料
  • 金教鉉文庫
    金教鉉氏旧蔵書
    日朝関係近代史研究に関する基礎文献

小野文庫*

  • 小野忍氏旧蔵書
  • 中国現代文学研究関係資料
  • 中国に関する洋書資料(英・独・仏・露・チェコ語など)
  • 近現代関係資料
  • 図書6,706冊(中国書4,052冊、和書2,384冊、洋書207冊)
    雑誌150種(中国雑誌124種、和雑誌26種)

大高文庫*

  • 中国文学研究者、大高巌氏旧蔵書
  • 1920-30年代の文学を中心とした雑誌類と、その時代の文学書
  • 紅楼夢関係
  • 戦後に集められたと思われる中国関係の雑著

その他の資料

福井家文書*

  • 福井家三代目当主・福井隆之氏旧蔵。
  • 同家の家業である貸地・貸家業、及び家族生活に関する史料約1700点(大正から昭和戦前・戦中が中心)。
  • 『東京をくらす 鉄砲洲「福井家文書」と震災復興』(八月書館, 2013年3月)における考察対象資料郡。
  • 同書別巻として『「福井家文書」目録』あり。

▲このページの先頭へ