学部・大学院

心理教育学科


心理教育学科では、心理職として初の国家資格である「公認心理師」に対応したカリキュラムをスタートするべく準備をおこなっています。詳細は、決まり次第お知らせします。

学びのキーワード

●こころ●発達●虐待●臨床●ストレス●メンタルヘルス●カウンセリング●障がい●人間関係●コミュニティ●小学校●幼稚園●教育実践●いじめ●不登校●子育て●児童福祉●音楽と表現

こんな人に向いています

●スクールカウンセラーや臨床発達心理士(大学院進学が必要)など心理職を希望する●企業で人に関わる仕事や人の支援を仕事にしたい ●小学校の教員をめざす ●保育士、幼稚園教員、学童保育、乳児院・児童養護施設指導員など教育・児童福祉専門職をめざす

学科オリジナルサイト

心理教育学科のカリキュラム

心理教育学科の特色

心理教育学科では「現場に精通した心理学」と「心理が理解できる教育・保育学」の両方を学び、現場感覚と実践力を備えた人材を育成します。

また



わたしの学び方

わたしたちの学び方

心理教育学科で、どのように4年間学ぶか、生徒それぞれの進路や夢によって異なります。具体的な例をご紹介します。

心理教育学科の教員紹介

心理教育学科の教員の簡単なプロフィールを紹介します。

学科の理念

心理学と教育・保育学の考え方や学問の方法をしっかり学べます。心理学と教育・保育学を関わらせて、乳幼児から青年、老年期まで、人の一生を通じた成長と発達、社会における関わりのあり方を研究する学科です。心理学をより深く学ぶと認定心理士資格に申請することができます。

取得できる資格

図書館司書/博物館学芸員/社会教育主事
(・子ども教育専修では、教諭[小学校一種・幼稚園一種])
(・子ども教育専修保育コースでは、保育士/教諭[幼稚園一種])

資格取得の詳しい情報はこちら

このページの先頭へ