学部・大学院

子ども教育専修

子ども教育専修の特徴

子ども教育専修は、開設3年目を迎えました。子どもとともに歩み、子どもの気持ちを理解して指導できる小学校・幼稚園教員をめざします。教育学と、心理学をしっかりと学べるカリキュラムによって、学校現場のさまざまな問題を解決する能力を養います。

在籍学生が自らの学びを紹介している「わたしの学び方」は、こちらをご覧ください。


 

カリキュラムの特徴

小学校・幼稚園教員が子どもたちの成長にかかわるためには、幅広い分野に興味関心を持ち、学ぶことの楽しさを自ら実感していることが重要です。本学の特色である「講義バイキング」によって資格取得に必要な科目だけでなく、他学部・他学科の科目を自由に組み合わせて多分野の知識を身につけることができます。

また、教育学と心理学を横断的に学べるカリキュラムによって、心理学の知識やカウンセリングマインドを身につけ、学校現場において子どもの問題行動や障がいを受容し、指導できる教員の能力を養います。

  「4年間の学び」は、こちらご覧ください。


学校インターンシップ、和光学園と連携した幼小連携教育

和光学園の幼稚園・小学校との関係をもとに幼小連携教育を学ぶ体制を築いています。学生は、学校インターンシップによって学校現場で展開される教員の仕事や子どもたちとの奥深いかかわりを実体験として学びます。子ども教育専修では、学生がインターンシップでの学びを大学に持ち帰り、さらに大学での学びをもとに学校現場を見つめ直すという「実践と理論の往還」を重視しています。


和光幼稚園のホームページはこちら

和光鶴川幼稚園のホームページはこちら

和光小学校のホームページはこちら

和光鶴川小学校のホームページはこちら


取得できる資格

子ども教育専修では、次の資格が取得できます。 

・小学校教諭(一種)

・幼稚園教諭(一種)

・図書館司書

・学校図書館司書教諭
博物館学芸員
社会教育主事


資格取得の詳しい情報はこちらをご覧ください。


過去の主な卒業論文テーマ

・学力を育てる授業改革

・学校教育における教師と生徒の人間関係

・不登校支援のあり方について

・いじめ対策における教師、保護者の役割

・等身大のフェミニズム

・生活保護世帯における子どもの貧困

このページの先頭へ