学部・大学院

心理学専修

心理学専修の特徴

乳幼児期から老年期までの人の一生の発達を軸に、個人―社会、適応―不適応などの観点を組み合わせ、「こころ」について深く学びます。4年間を通じ、現代の諸問題を読み解く力や、実践・援助する方法を身につけていきます。

在籍学生が自らの学びを紹介している「わたしの学び方」は、こちらをご覧ください。

 

 


カリキュラムの特徴


「心理学研究法 投映法」 

 

「児童心理学演習」



1.心理学を幅広く学べる・・・「基礎」「臨床」「発達・教育」「社会」といった領域の幅広い心理学科目を開講しています。心理学に欠かせない研究法も充実しています


2.認定心理士資格が取得できる・・・認定心理士とは、日本心理学協会が認定する資格です。心理学専門家としての基礎的な知識・技能を身につけていることの証明になります。 (※認定心理士資格取得のためには、各自、認定委員会への申請が必要です。)


3.「教育」と関連づけながら学べる・・・心理教育学科には、心理学専修の他に、子ども教育専修、子ども教育専修 保育コースがあります。そのため「心理学」・「教育学」・「保育学」の各分野を横断的に学ぶことができます。「子ども」「青年」「学校教育やそれに関連する問題(いじめ、不登校など)」に関心を持った方に適したカリキュラムになっています。



また、心理学科目に加え、本学の特色である講義バイキングによって、多分野の講義履修が可能な点も特色です。 また、卒業後は、就職だけでなく、臨床心理士等の心理学関連の資格の取得を目指し、大学院への進学を希望する人もいます。

「4年間の学び」は、こちらご覧ください。


実践・支援への取り組み

学問としての「心理学」を学ぶだけにとどまらず、知識を活かすことのできる実践・支援に関わることができます。たとえば、次のような取り組みを行っています。


 ①ゼミでの児童養護施設やフリースクールとの交流

 ②社会福祉法人 浦河べてるの家(北海道浦河町)でのフィールドワーク

 ③大学内に適応支援室「いぐお〜る」を設置し、不登校児童や生徒の支援

 ④神奈川県海老名市での「心の教室相談員」の活動

 ⑤発達障がい者支援の心理的アプローチ



取得できる資格

心理学専修では、次の資格が取得できます。 

図書館司書
博物館学芸員
社会教育主事


・臨床発達心理士(取得に大学院進学が必要な資格)

・学校心理士(取得に大学院進学が必要な資格)

・臨床心理士(臨床心理士受験資格指定大学院への進学が必要)


※資格取得の詳しい情報はこちらをご覧ください。


過去の主な卒業論文テーマ

・セルフハンディキャッピングとソーシャルスキルの関連

・いじめ傍観と関係性の水準の研究

・大学生の自我発達が恋愛依存傾向とひとりの時間および恋人との時間の捉え方に及ぼす影響

・児童養護施設における職員間のコミュニケーションに関する面接調査

・同調欲求からみた大学生の友人関係とアイデンティティとの関連

・大学生の抑うつに影響する社会的スキルの要素

・子育てしやすい環境とは何か ―家族の形と育児参加の検討を中心に


このページの先頭へ