情報環境ナビ

公開無線LAN・情報コンセント接続サービス

図書・情報館では学内に無線LAN及び公開情報コンセント(有線によるLAN接続)の設備を導入しています。
情報コンセントや無線LANを利用すると、持ち込んだノートパソコンを簡単に大学のネットワークに接続できます。

利用マニュアル

大学のネットワークへの接続マニュアル」のページをご覧ください。

利用可能な場所

公開無線LAN

2017/04/01現在

  • A棟: エントランスホール(1階)、教員サロン(2階)、第1・2会議室(4階)、第3・4会議室(10階)、研究室・各学科資料室(4〜9階)
  • B棟: 全館
  • C棟: C104教室(1階)
  • D棟: 1・2階全教室、D307教室(3階)
  • E棟: 全館・屋上
  • G棟: 保育実習室・調理実習室(1階)、各学科資料室(3階)、大学院研究室(3階)
  • H・J棟: 全館
  • L棟(パレストラ): 全館
  • 梅根記念図書・情報館: 全館
  • 屋外: B棟前広場

情報コンセント

  • E棟: E101教室・コンベンションホール(1階)、スタジオ/編集室(3階)
  • G棟: 共同研究室(2・3階)、大学院研究室(3階)、異文化交流室など
  • 梅根記念図書・情報館: 1・3・4階閲覧席、研究個室A・B(4階)

利用時間

当該施設の開館・開室時間内とします。

接続に必要な機器

公開無線LAN

無線LANを利用して接続を行う場合、最低限以下の機器が必要になります。 

1.ノートパソコン 
2.上記パソコンで使用可能な無線LANアダプタ
※IEEE802.11b(11Mbps)またはIEEE802.11g(54Mbps)準拠のもの。
※[WiFi]マークのついた製品を推奨します。
※PCに内蔵されていない場合は別途無線LANカードを用意する必要があります。

情報コンセント

情報コンセントを利用して接続を行う場合、最低限以下の機器が必要になります。 

1.ノートパソコン 
2.上記パソコンで使用可能なLANアダプタ(10Base-T,100Base-TX)
※現在発売されているほとんどのノートパソコンにはLANアダプタが内蔵されています。
※メーカによっては「LANポート」や「ブロードバンドポート」とも呼ばれます。
※内蔵されていない場合は別途PC LANカードを用意する必要があります。 
3.LANケーブル(ストレート)
※情報コンセントからLANアダプタまで接続するのに使用します。

このページの先頭へ