サトヤマアートサンポ

MENU

ロゴマーク

概要




会場小田急鶴川駅南口~和光大学までの岡上地域・岡上梨子ノ木特別緑地保存地区 (片道約45分 )
展示期間2019年10月28日(月)〜 11月3日(日)
入 場 料無料
主催和光大学地域連携センター
協力岡上町内会 岡上西町会
後援川崎市麻生区
NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり しんゆり・芸術のまちづくり

和光大学芸術学科の学生によるアートプロジェクト「サトヤマアートサンポ 2019」を開催します。
2015年から4年間、川崎市麻生区黒川地域で開催された「サトヤマアートサンポ」は、地域の皆さまのご理解も得られ、好評を博しました。 そこで2019年秋にはその手法を生かし、大学に隣接する岡上地域(川崎市麻生区)に舞台を移し、地域の数カ所、野外をフィールドとして、主に学生作品を展開します。 若者らしい着想に満ちた作品を、岡上の風景を眺めながら散策することで、岡上の良さを発見し、アートと地域が出会う場を生み出します。

マップ

サトヤマアートサンポマップ

サトヤマアートサンポマップ

鶴川駅から作品展示エリアまでの道のり

  1. 鶴川駅南口(下りホーム側)から、ラーメン店の前を通り、細い道を東側へ約3分すすんで下さい。
  2.  
  3. 鶴見川に突きあたります。細い橋=川井田人道橋を渡って下さい。
  4.  
  5. そのまま直進します。約100mで、やや広い道路にでます。
  6.  
  7. 横断歩道をわたり、左手に20mで右折、田園のあいだの真っ直ぐな道へ。ここからはマップをご参照下さい。

  8. これより作品展示エリアです。それではアート散歩をお楽しみください。

おねがい

岡上について

神奈川県川崎市麻生区に属する地域。四方を町田市と横浜市に囲まれ、川崎市のいずれの地区とも接していない飛び地となっている。小田急電鉄鶴川駅から徒歩でわずかな距離にあるが、宅地が広がる一方で豊かな緑地・田園・水源にめぐまれ、季節ごとに多様な光景をみせる。和光大学は岡上を敷地の一部としている。地域の歴史と地理については鈴木勁介著『私編岡上風土記稿』(八月書館)に詳しい。

ランドマーク

岡上神社

祭神は日本武尊、健御名方命、大山昨神、稲倉魂命。明治42年(1909年)3月、岡上村中にあった五つの神社(諏訪神社、剣神社、日枝神社、宝殿稲荷社、開戸神社)が合祀された。敷地は村の中央にある諏訪神社に決まり、村民融和のため村名を取り岡上神社として祀られている。また、境内には金勢大明神がある。高さ95cmの石碑で、子孫繁栄の御利益があると言われている。嘉永4年(1851年)建立。

和光大学

1933年に成城学園から分かれ、父母や教師を中心とした有志によって東京・世田谷に建てられた和光学園を母体とし、1966年に創立された大学。初代学長である梅根悟は「大学は自由な研究と学習の共同体」であるとうたった。開学以来、各学問の研究分野や社会的な活動分野の第一線で活躍している教師が数多く在籍する。
URL: http://www.wako.ac.jp

昨年の展示作品(参考)

1L12M-hz-

L12M-hz-

髙根宗志と仲間たち  Soshi TAKANE, and His Fellows
インスタレーション, 音

2018

風景や自然は人間の精神を構築するにおいて、重要な素材だ。 この作品はそれぞれの空間にある音やものがお互いに調和し合う事で、新たな空間を創りだす。それに共振するように、貴方の心情も構築されたなら本意である。

2Existence

Existence

月本浩介  Kosuke TSUKIMOTO
インスタレーション, 写真

2018

人の存在は唯一無二のものである。しかし、この作品では人物の顔のパーツをパターン化する事によりこの世界に居ない存在を作り上げると同時に その元の人物の個性を消し去ることになるがパターンとパターンを組み合わせる事で一人一人に別の個性が生まれ写真の中だけ存在となる。 人という存在を意識して欲しい。

3沸騰する記憶の成長

L12M-hz-

木村大太 + 西川椋太  Daita KIMURA, Ryota NISHIKAWA
インスタレーション, 写真

2018

密閉された空間であるテントの中に、記憶のモチーフとして無数の写真を貼り、さらにカメラオブスキュラを通して外の今の風景を映し出し、 それを中の人に見てもらうことによって、すでにある誰かの記憶と今ここでのその人の記憶によって、この空間を充満させる。

4BumbooBoy

BumbooBoy

樋口絢士  Kenshi HIGUCHI
絵画, カンヴァス  インスタレーション

2018

黒川に訪れた際、生命溢れる緑の力強さに圧倒されました。しかし、それは、 他の生命、人間にも言える事だと感じました。 この作品では一人の人間の精神的な成長を下見に行った際に見かけた竹と一人の人が悩んでいる姿を 用いて3枚の絵画にし、それを三角柱の立体作品にしてサトヤマの地に立たせる事で一人の人間の「成長」 「自立」を表現したいと考えました。

5足が地につく

足が地につく

岡 夢野  Yumeno OKA
立体, 針金

2018

地面に足をつけてしっかり歩くことで、安定し自分の思う道に進んでいけるということをこの作品で表現できたらいいなと思い作りました。

6色々な色

色々な色

武藤百香  Momoka MUTO
アクリル板・塩化ビニール板  インスタレーション

2018

風景や自然は人間の精神を構築するにおいて、重要な素材だ。 この作品はそれぞれの空間にある音やものがお互いに調和し合う事で、新たな空間を創りだす。それに共振するように、貴方の心情も構築されたなら本意である。

7光を探して

光を探して

須藤春朗  Shunro SUTO
インスタレーション, ビー玉

2018

この作品は、宮沢賢治の「ポラーノの広場」からインスピレーションを受けた作品であり、展示会場にビー玉を散りばめたケースを 点在させ「つめくさの灯り」を再現したものです。 薄暗い場所に、小さな明るい空間を作ることにより、現実には無い「ポラーノの広場」への道のりを見つけて頂きたい。

8違和感

違和感

長月凜子  Riko NAGATSUKI
立体, マネキン

2018

人は自分には共感出来ないもの、周りに溶け込んでいないもの、「普通」とは違うものを認めようとしない。そして、 それと遭遇したとき、排除しようとする。…何故?無理に共感してほしいとは思わない。ただ、「それ」は「それ」 として受け入れることすら、難しいのだろうか?

9言ノ葉—国木田独歩『武蔵野』より

言ノ葉—国木田独歩『武蔵野』より

青山仁希 協力=清水美里
Niki AOYAMA, in collaboration with Misato SHIMIZU
インスタレーション, 紙

2018

彼が見、そして描いた武蔵野は、今も変わらぬ姿で在り続けている。現在も豊かな自然が残る武蔵野の一部、 黒川の一画で、緑と文学との融解を、観て、聴いて、触れて、自分の持ちうるもの全てで感じてほしい。

10森にはなにがいる?

森にはなにがいる?

小島 萌と黒川の子供たち
Moe KOJIMA, and Chileren's Groups in the neighbourhood
絵画, インスタレーション・布, アクリルグアッシュ

2018

この作品は黒川の子供たちとの共同制作で、テーマは森からでてきそうなものを描いてみようです。普段の授業では出来ないことを 子どもたちに体験してもらいたいと考え、紙はシーツに、筆は普段絵を描く時には使用しない道具で描いた作品になっている。 子どもたち(年少~小学6年生まで)の楽しく自由な発想で描かれた作品をとくとご覧あれ。

11The stagnation.

The stagnation.

虞 虞  Gu Gu
インスタレーション, ベッド

2018

“停滞”の意。その実は怠惰そのもの。時の流れに置いていかれた自身が、 完全に腐ってなくなるのをただただ待っている。他者に助けを求めたいが、 彼女は声を発するのも億劫なのでその小さな声は空に消えていく。誰もいない。

そのほかのおもなイベント

作品解説付き!アート散策ツアー

日時11/2(土) 10:00-11:30頃
岡上の里地里山に出現したサトヤマアートを鑑賞しながら散策するお散歩ツアー。
ガイド和光大学表現学部教員+学生スタッフ
集合小田急鶴川駅南口踏切横 鶴川駅前やすらぎ公園 9:30から受付
対象どなたでも
定員先着30名
参加方法当日集合場所へお集まり下さい

和光大学 大学祭

日時11/2(土)−3(日)11:00~16:00頃 
会場和光大学 http://www.wako.ac.jp
催しもの ・学生によるイベント
・オープンアトリエ
その他

「蔵邸」よりイベントのご案内

古今東西 手仕事店

日時10/31(木)ー11/3(日) 10:00−16:00
(バーカウンターは 11:00—15:00)
会場川崎市麻生区岡上225 Coeur Riche 蔵邸
URLhttp://carnaest.jp/

古今東西の心を込めて丁寧に仕上げられた、温かみやありがたみを感じられる、手仕事のモノを展示販売いたします。期間中は自家製のワインやビール、畑で採れた生のハーブティーに軽食などもご用意。皆様のお越しを心よりお待ちしております。


アクセス

電車

新宿駅より 小田急線で
小田原・藤沢・多摩センター方面行き 新百合ケ丘下車(快速急行:約24分)。町田方面行各駅停車へ乗換。2駅目 鶴川駅下車(約4分)。

町田駅より 小田急線で
新宿方面行き 各駅停車で2駅目 鶴川駅下車(約6分)。

サトヤマアートサンポのお問い合わせ

お問い合わせ

和光大学 地域連携センター
〒195-8585 東京都町田市金井町2160番地
TEL: 044-989-7478 電話受付時間 平日9:00~18:00

作品に関すること

和光大学 表現学部芸術学科
〒195-8585 東京都町田市金井町2160番地
TEL:044-988-1431(代)
http://www.wako.ac.jp/art/i/
・11/02(土),11/03(日) 和光大学 大学祭開催!

アンケートご協力のお願い

「サトヤマアートサンポ2019」では、ご来場いただいた方を対象にアンケート調査を実施しています。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。