佐藤勲ゼミ「現代の造形表現・立体工房」

isaoyoko630

立体、インスタレーションを中心に、音響やパフォーマンスなど現代美術全般を扱う

個人の作品制作に必要な独創性や表現力を思考と技法の両面から発展させるためのゼミです。技法による表現力向上の他に、自分の考えや作品について語る「言葉」の獲得も等しく上達を求めて行きます。言葉を上手に使いながら作品制作の動機を理解すれば、「概念」という表現手段が変わっても持続する独創性の骨格が出来上がるからです。領域は立体作品を中心に現代美術全般を扱うので、音響やパフォーマンスといった無形表現にも挑んでほしい。美術の文脈に乗せられるものであれば、どんな分野も扱います。

 

教員紹介

佐藤 勲(サトウ イサオ)

イギリスの美術学校を卒業。帰国後、国内外のギャラリーや美術館での展示のほか、共同アトリエへの参加、アトリエ運営や併設ギャラリーでの企画展示などにも携わってきました(コレクション:コレド日本橋パブリックアート、作品展:佐倉市美術館他)。作品を作るだけでなく、美術に関わる色々なことを経験してきました。
専門領域は現代美術。立体、インスタレーション、絵画、音響作品など様々な手法で作品を制作しています。スタジオは情報が集まり、刺激を交換する場所。スタジオでの制作に参加する人は、それぞれのペースで刺激を周りに与えられる人であってほしい。わたしも、その一員として場作りに参加します。

職位 専任准教授
専門分野 立体
担当講義 現代の造形表現・立体工房/ゼミナール
デッサン、現代美術の造形技法研究
現代美術の立体表現研究、他
リンク nmp Net Gallery 1996

ゼミ・授業の様子
isa01500ゼミ・授業の様子 ゼミ・授業の様子 ゼミ・授業の様子

アート

 

・大坪晶ゼミ「現代写真・映像工房」

・佐藤勲ゼミ(現代の造形表現・立体工房)

・詫摩昭人ゼミ(現代絵画・絵画工房)
・佐藤克久ゼミ(コンテンポラリーアート・絵画表現工房)
・木寺啓幸ゼミ(版画研究)
・山本直彰ゼミ(日本画研究)

 

デザイン

 

・世利幸代ゼミ(コミュニケーション・デザイン)
・倉方雅行ゼミ(プロダクト・デザイン)

・畑中朋子ゼミ(情報メディア・デザイン)
・近藤 忠ゼミ(ヴィジュアル・デザイン)

 

プランニング

 

・野々村文宏ゼミ(メディアと編集)
・半田滋男ゼミ(ヴィジュアル・アート)

・松枝到ゼミ(イメージを読む)

・三上豊ゼミ(近現代美術考)