三上豊ゼミ 「近現代美術考」

 

1つのテーマで資料収集・イメージ展開視覚メディアへの置き換えなど一連の編集作業を実践する

作家研究ー近現代の作家のヴィジュアルイメージを編集することで、作家像を制作します。
今年度はアンリ・マチスを取り上げます。まず、伝記を個々に割り当て、キーワードを作成し、マチスの生涯と作品の傾向を追跡します。そこから、マチスが手掛けた切り絵で制作を行います。前期3回、後期3回の学外見学を行い課題に取り組み、後期は、各自が選択した作家についてのヴィジュアルを制作します。

 

教員紹介


三上 豊 (ミカミ ユタカ)
私が取り組んでいるのは「アート・ドキュメンテーション」です。今まで、美術雑誌、美術全集、展覧会カタログ、ギャラリーの歴史アーカイブ等の編集に携わってきました。美術など様々な表現がどのようなかたちで私たちもとに届くのか、展覧会や書籍や映像など、媒体と作品との関係をみています。学科では編集術コースを中心に、20世紀の美術やマンガ史も担当しています。なによりも映画館の暗闇が好きな暗い者です。

職位 専任教授
専門分野 近現代美術史
担当講義 近現代美術考/セミナール、
日本美術史2(近代)、 日本マンガ史
アートドキュメンテーション、視覚芸術論 他
リンク 夢ナビ講義ライブ2012 /三上豊先生- YouTube
「美術図書の編集について」ゲスト:三上豊/web complex編集部主な編著書
「ちょっと知りたい美術の常識」 (アートクイズ ベーシック編) [単行本]
「横浜トリエンナーレ2008 カタログ 」[単行本]
「世界に誇れる日本の芸術家555 」(PHP新書)
「世界美術大全集」
「アプローチング プライミーバル エナジー(原始のエナジーに向かって)/杜のなかの美術館」
「恩地孝四郎研究/版画のモダニズム」
「国際交流基金展覧会記録 1972ー2012」

ゼミ活動・授業の様子
mikamizemi1 mikamizemi3 mikamizemi4

アート

・小瀬村真美ゼミ(視覚遊戯・映像工房)

・佐藤勲ゼミ(現代の造形表現・立体工房)
・詫摩昭人ゼミ(現代絵画・絵画工房)
・佐藤克久ゼミ(コンテンポラリーアート・絵画表現工房)
・木寺啓幸ゼミ(版画研究)
・山本直彰ゼミ(日本画研究)

 

デザイン

・川間哲夫ゼミ(コミュニケーション・デザイン)
・倉方雅行ゼミ(プロダクト・デザイン)

・畑中朋子ゼミ(情報メディア・デザイン)
・近藤 忠ゼミ(ヴィジュアル・デザイン)

 

プランニング

・野々村文宏ゼミ(メディアと編集)
・半田滋男ゼミ(ヴィジュアル・アート)

・松枝到ゼミ(イメージを読む)
・三上豊ゼミ(近現代美術考)