倉方雅行ゼミ  「プロダクト・デザイン」

 

材料、加工技術、歴史など基礎知識を学び、実践的な手法を用いて具体的なものづくりに繋げる。

過去から現在までのプロダクトデザインを振り返り、史実と技術がどのように関連していたかを知識として知る。素材や加工の違いによる出来上がりの差についての基礎知識を習得した後に、テーマに沿ったアイデアの出し方を実践してみる。それらを元に具体的なものつくりを試みる。手に乗る大きさの物から、パブリックな大きさの物までのデザインを成果物の目標として進める。またその一例としては、自己満足でなく第三者がお金を出してでも欲しいと思える物を完成させて、学園祭などでの販売や学外でのコンセプト・デザインモデルの展示などを試みたい。

 

教員紹介

倉方雅行(クラカタ マサユキ)
自動車会社、個人事務所、海外遊学を経て有限会社セルツカンパニー設立。家庭電化製品・通信機器、情報、家庭用品、自動車関連のデザインを行う(社団法人日本インダストリアルデザイナー協会正会員、グッドデザイン賞、東京デザインマーケット受賞他、国内外展覧会出品多数)。

人間は「モノ」の中で、それに支えられて生活をしています。

人と「モノ」との関係を突き詰めて行くと、大切な「コト」が見つかります。
それを発見して、一緒に「モノ・コト」を創り出して行きましょう。

職位 専任教授
専門分野 プロダクトデザイン
講義担当 プロダクト・デザイン/ゼミナール
くらしとデザイン、デザイン・アート概論
プロダクトデザインの基礎、プロダクト造形研究 他
リンク 有限会社セルツカンパニー(倉方雅行/代表取締役)
有限会社モノス(倉方雅行/デザインディレクター)

授業風景・ゼミ活動の様子
授業風景・ゼミ活動の様子

授業・ゼミ活動の様子

授業風景・ゼミ活動の様子

ゼミ活動・授業の様子

ゼミ活動・授業の様子

ゼミ活動・授業の様子

ゼミ活動・授業の様子

アート

 

・大坪晶ゼミ「現代写真・映像工房」

・佐藤勲ゼミ(現代の造形表現・立体工房)
・詫摩昭人ゼミ(現代絵画・絵画工房)
・佐藤克久ゼミ(コンテンポラリーアート・絵画表現工房)
・山本直彰ゼミ(日本画研究)

 

デザイン

・世利幸代ゼミ(コミュニケーション・デザイン)
・倉方雅行ゼミ(プロダクト・デザイン)

・畑中朋子ゼミ(情報メディア・デザイン)
・近藤 忠ゼミ(ヴィジュアル・デザイン)

 

プランニング

・野々村文宏ゼミ(メディアと編集)
・半田滋男ゼミ(ヴィジュアル・アート)

・松枝到ゼミ(イメージを読む)