学費・奨学金・環境

初年度と4年間の学費比較(参考)

和光大学芸術学科では、良心的な学費で、良質な芸術教育を提供しています。
アートに興味がある人にとって魅力的な色々な分野の科目が提供され、制作のためのアトリエも充実、しかも私立美大ほど高くない学費、東京都心に比べ安い生活費から本学を選ぶ学生も少なくないようです。
最新情報(学生納付金)
gakuhigif
奨学金・経済支援制度

和光大学には以下の奨学金制度・減免制度があり、優秀な学生の多くが利用しています。
 
◆奨学金・経済支援制度
初年度学費の95万円が免除となる特待生選抜」(特定の一般入試の2科目合計で8割以上得点した受験者全員が対象)、年間授業料が半額の42.5万になる「和光大学給付奨学金制度」「和光大学成績優秀者奨学金」「学費延納」「減免制度」(授業料年額の半額免除)もあり、「日本学生支援機構奨学金」など他の奨学金の説明会も開催しています。
詳細・最新情報(申請条件・選考あり)

 
◆留学生対象の奨学金・経済支援制度 
・和光大学私費外国人留学生奨学金(年30万円支給)、私費外国人留学生授業料減免(年額12万5千円の減免)の制度があります ※日本学生支援機構「文部科学省外国人留学生学習奨励費給付制度」(学部生:月4万8千円)もあります
詳細・最新情報(申請条件・選考あり)

 

環境・アクセス

wakotrail

◆住環境
本学は東京都町田市と神奈川県川崎市の県境の住宅地にあり、近隣には緑が多く「通学路の景色が良い」という意見も多数。ワンルームマンションの相場も比較的安めです(2~3万円台など都心の半額以下も多数。不動産情報では小田急線沿線「鶴川駅」で検索)。最近は北関東、北信越、東北、関西方面などからの入学者も増えていますが、都心より静かな大学近辺の住宅地に生活すれば、通勤ラッシュや定期代の心配もありません。


◆周辺環境
生活用品や画材の購入は町田市内で出来るので安心。都心の美術館・映画館へのアクセスも便利で、授業内・後に見学が可能。シアター、アートセンターなど文化施設の多い新百合ヶ丘や下北沢、表参道へも電車で1本です。
→Google Mapで見るならこちら


◆学生寮
寮費が安い(実績・月額11,000円+諸経費)、大学に近い(敷地内)、助けあえる、食事のバランスが良い(栄養士提供メニュー)、入学して友達がすぐできる(食堂等共同スペース)等の特徴があります。
詳細情報(※※2021年3月末に一旦閉寮となることが決定しました。以後は民間の賃貸物件・学生会館等をご利用ください)


◆アクセス
小田急「鶴川駅」までは、横浜、藤沢、八王子、立川、調布、新宿、西日暮里、東京の全駅から電車で1時間以内/600円未満でアクセス。駅から大学は徒歩または無料バス通学が可能。
東京は町田、世田谷、多摩地区、神奈川は横浜・川崎・相模原・小田原・湘南地区からの通学生が多数。千葉、埼玉からの通学生もいます。→詳しいアクセス方法はこちら