大学概要

フィールドワーク

 

授業を聴く、本や資料を読むだけでは、学びは未完成です。現場まで足を運んで、空気を吸い、自分の目で確かめることを大切にしている和光大学ならではの学びです。

フィールドワークは、こう学びます

授業で学ぶ・・・テーマによってフィールドワークは異なります。実際に現地を訪れる前に、授業を通じてテーマに関する予備知識を身につけ、行動プランを立てます。
 
現地に飛び込む・・・事前に決めたプランに基づいて、現地の人々の話を聞いたり、史跡や資料館などを見学します。授業によっては特別な催しに参加することもあります
 
体験をまとめる・・・現地でのフィールドワークを通じて得た知識や経験を自分なりの視点でまとめます。レポートの提出や発表を行う授業もあります。
 
行動力が身につく 知識がより深まる 判断力が鍛えられる

国内や海外でさまざまな視察・調査・実地体験をしています(実施例)


島根県奥出雲町―地域を盛り上げるPRを実践する
地方の魅力を首都圏でPRすることをめざす。現地調査、地元の方々との交流をもとにPRプランを立案。大学祭で奥出雲名産の仁多米を紹介するアンテナショップを出店し、その魅力を発信した。
ハワイ―未知のハワイを体験する
テーマは「ハワイ・ルネッサンスとは何かを知る」。ハワイ語を教える学校やハワイアンの祖先とされるタロ芋畑などを訪問。観光旅行とはひと味違うハワイを体感する10日間だった。

ヨーロッパ(ヴェニス・ロンドン・パリ)―現代美術のパワーから刺激をもらって創作につなげる
国際的な美術展「ヴェニス・ビエンナーレ」の開催年には、現地で鑑賞と視察を行った。またロンドンやパリなどのアートシーンをリードする街も訪れ、あらたなインスピレーションと刺激を持ち帰った。

わたしの体験紹介

依田 クラウディオ 穏さん(総合文化学科1年)
地域の融合、地域活性化の現実を知りました  訪問先:滋賀県 近江八幡市
 僕が訪問したのは、滋賀県・近江八幡市。安土町との合併後、それぞれの観光や文化はどうなったか、街はどのように変化したのかを探りました。
 現地でもっとも思い出深かったのは“西の湖ヨシ灯り展”にスタッフとして参加したこと。“西の湖ヨシ灯り展”は現地になじみ深いヨシを活用したアート作品を湖畔に展示・ライトアップするイベントです。イベント運営に参加する中で地域に住む人々のあたたかさを感じるとともに、経済的理由で外部にアピールできないという現実も知りました。

 このフィールドワークでの経験をまとめ、全国観光専攻学生発表会でプレゼンテーションしました。現地取材やプレゼンテーションなどを経験でき、今後につながる学習ができたと思っています。
このページの先頭へ