大学概要

相談方法/相談員

もし、あなたがハラスメントを受けていると思ったときは

 相談窓口となる相談員がいます。あなたの気持ちを直接相手に示すことが出来ない場合、あるいは示してもハラスメントと思われる行為が続く場合には、相談員に相談することができます。相談員と一緒に解決方法をみつけていきましょう。

 まずは、相談日、相談時間等の約束をしてください。希望の相談員を直接訪ねてもいいですし、以下の方法でも受け付けます。また、どの相談相手に相談したらよいかわからない場合は、相談員ホットラインに電子メールを送ってください。その際、匿名でも結構ですが、必ず連絡先は教えてください。

もし、あなたがハラスメントと思われる行為を目撃したときは

 1.ハラスメントはみなさんの学内生活に影響するものです。
   見過ごさない勇気を持ちましょう。放置は事態を深刻にします。 

 2.被害を受けている友人や同僚の力になりましょう。
   また、相談員制度があることを知らせたり、相談に行くよう勧めてもよいかも知れません。

 もし、あなたがハラスメントを受けていると感じたとき、または友人やクラスメイト・教職員がハラスメントを受けている場面に遭遇したとき、決してひとりで悩まず、ハラスメント相談員に相談してください。相談内容の秘密は厳守いたします。

和光大学ハラスメント相談員

 1. 相談員は、任務にあたり、当事者とされる相談者および相手方のプライバシーを厳守するとともに、相手方からの仕返し、報復など、
   相談者に不利益が生じないよう十分に配慮します。


 2. 相談員は相談者から打ち明けられた問題の状況を整理し、相談者の意向を確認しながら、解決の方法を相談者とともに探ります。


 3. 相談者の必要に応じて、専門的カウンセリング、または医療機関への紹介をします。


 4. 相談者が解決のための具体的な方法(相手方への通知措置、調停、調査の要請)を選択した場合には、ハラスメント防止委員会に報告

   し、委員会と連携してその解決に当たります。


相談の仕方

 1.相談員ホットラインあてに、電子メールを送る。
   E-mail:sodan(アットマーク)wako.ac.jp

   ※(アットマーク)を半角の"@"に変換し、必ずメールの題名を「ハラスメント相談について」として送信してください。

 

 2.相談員あてに手紙を送る。
   郵送先を大学住所とし、相談員宛とする。必ず「親展」と朱書きする。

 

 3.相談員あてに電話または電子メールを送る。
   (電話番号・電子メールアドレスは、A棟3Fの事業室総務係で配付しています。)

 
 ※ どの相談員に相談したらよいかわからない場合は、相談員ホットラインあてにその旨を記載し、電子メールを送ってください。
   受付担当から返信させていただきます。
 ※ 相談対応は原則2名で行います。指名も可能ですが、相談の上、決めることも可能です。

相談員

相談員代表  苅宿 紀子講師表現学部 総合文化学科
       中田 朝夫 教授現代人間学部 心理教育学科
               澁谷 利雄 教授現代人間学部 身体環境共生学科
               川間 哲夫 教授表現学部 芸術学科
             岩間 剛一 教授
経済経営学部 経済学科
               原田 尚幸 教授経済経営学部 経営学科
            次郎丸 好美 職員学生支援室
             熊澤 和美 職員図書・情報室
このページの先頭へ