情報環境ナビ

VPN接続サービス

VPN接続サービスとは

  • インターネットを利用して、自宅等から学内ネットワークに接続できるようにするサービスです。
    これにより学内のコンピュータからしか利用できなかったサービス(学内のファイルサーバ等の利用や学内限定のホームページ、図書館で提供しているオンラインデータベースなど)にアクセスすることができます。
  • VPNとはVirtual Private Network(仮想専用線)の略です。
    その名が示すとおり、インターネットのように誰でもアクセス可能なネットワーク上に、決まったメンバーのみが通信可能な閉じたネットワーク(VPNトンネル)を仮想的に作ることを言います。 
  • メンバー以外の人からアクセスされないようにするために、VPNでは暗号化技術を利用します。
    決まったメンバーのみが暗号化された通信を解読できるようにすることで、無関係な外部からは通信内容を見えない(解読できない)ようにします。 

利用マニュアル

大学のネットワークへの接続マニュアルのページをご覧ください。

VPNクライアントソフト

VPN接続サービスを利用するには、専用のクライアントソフトをインストールする必要があります。

VPNゲートウェイのメーカーが無償で提供しているソフトウェア(IPsec準拠)が利用できます。

VPNクライアントソフトの入手

大学のネットワークへの接続マニュアル」のページで配布しています。

その他注意事項など

設定作業等については、原則として自己責任で対応していただきます。

利用環境によっては、サービスの利用が一部制約される場合があります。
(パーソナルファイアウォールソフトやブロードバンドルータなどを用いている場合、それらの設定を変更しなければならないこともあります。)

 





このページの先頭へ