学部・大学院

総合文化学科

学びのキーワード

●文学と文化(日本・英米・中国・ユーラシア) ●神話 ●ファンタジー ●思想 ●映像 ●音楽 ●演劇 ●文化史 ●メディア ●広告 ●観光 ●教職(国語・英語)

こんな人に向いています

●表現に潜むメッセージを読み取り自分のことばで発信する力をつけたい ●広報、企画、出版、社会教育、図書館司書、観光など人と人をつなぐ文化の担い手として活躍したい ●国語科、英語科の教員をめざす

学科公式twitter

http://twitter.com/sogobunka

学科オリジナルサイト

http://www.wako.ac.jp/sougou/

総合文化学科の特色

「ことば」「文化」「表現」に関して、幅広い視点から、その奥深さ、多様性にアプローチしていきます。外国語や外国文化、音楽や映像、メディアや文化史などをフィールドワークも交えながら、自由に学びます。

総合文化学科のカリキュラム

経営学科の特色

大学生活のベースとなるゼミナールが各学年にあります。1〜2年次で基礎を学び、2〜4年次で「文学系」「言語系」「現代文化系」の3つの系を目安に、各自の専門の学びを深めていきます。

わたしの学び方

わたしたちの学び方

総合文化学科で、どのように4年間学ぶか、学生それぞれの進路や夢によって異なります。具体的な例をご紹介します。

総合文化学科の教員紹介

総合文化学科の教員の簡単なプロフィールを紹介します。

学科の理念

人間が創造してきた文化について、基礎的な知識を学び、深く受け止め、実践的に探求する能力をつけます。多様な領域から自らのテーマを発見し追求することによって、複眼的な思考力を持ち、新しい文化を生み出す人を育てます。

取得できる資格

教諭[国語(中学一種・高校一種)・英語(中学一種・高校一種)/図書館司書/学校図書館司書教諭/博物館学芸員/社会教育主事]

資格取得の詳しい情報はこちら

このページの先頭へ