ニュース
メディア
その他の記事


8つのキー

(1)生命の尊重

(2)非暴力

(3)助け合い

(4)傾聴

(5)地球を守る

(6)寛容と連帯

(7)男女の平等

(8)民主主義






あなたも記事を書いてみましょう!最近観た映画の中で、平和を感じた作品 はありましたか?自分の経験で、平和の文化につながるような出来事はありましたか? 気軽に書いて送って下さい。
書かれたレポートは、モデレーターが必ず、コメントを送ります。 楽しみに待っていてください。
(左の写真は、モデレーター研修の様子です。)


総アクセス数


記事を書くコツ(10のルール)
1.プラス思考:レポートは8つの平和の文化の為のキーのうち少なくとも1つを促進するようなポジティブなものであるべきです。
CPNNは悪い行為や暴力的なメディア を感知すると いうよりは、平和の文化における価値、活動や行動を豊かにするようなレポートを 配信することを意図しています。

2.理解しやすく:CPNNサイトを見た様々な人にとって明確な言葉で書かれ、理解出来、 また他の どの言葉にも訳す事が出来る事を意味します。

3.短く:レポートは短く(たいていは1段落から1ページ)そしてまとまっているべきです。
読者は時代に沿わなかったり長すぎるレポートは読まないでしょう。

4.面白く:レポートは平和とは面白く冒険的であるということを示さ なくてはなりません。平和を築く事は、戦争を築くことよりもより多くの勇気 を必要とします。
レポーターと編 集者は平和が論争・論議を呼ぶものであったとしてもそれを退けてはいけません。 そうすると平和が退屈で受動的なものとして思われてしまうからです。
そういう内 容のものであっても建設的で話題や論議を呼ぶ為の非暴力的な力となるのです。

5.一貫性:レポートの内容は平和の文化の為の8つのキーに沿ったものでなくては なりません。
例えば、レポートは人々に対する暴力や偏狭なもの、そしてステレオ タイプ的 なイメージ・言葉を擁護してはいけません。

6.礼儀正しく:インターネットの運営はエチケットの規則に沿ったものでなく てはなりません(インターネット界では netiquette―ネチケットとも呼びます)。
レポーターは暴力的な、 性差別的な、そして人種差別的な言葉使ってはなりません。 CPNNに関係する 人々は平和の文化に関する8のキーに伴ったものでなくては ならないのです。

7.真実を書く
:レポートは正確で信頼できるものでなくてはなりません。 ウソの内容を含んでは なりません。

8.やりとりします:レポートは他の人も同じメディアやニュースに対して 意見を伝えることが歓迎され るという印象を持つものでなくてはなりません。
たとえそれらが自分とは異なっていてもその人達が尊敬と思いやりの念をもって 表現されているならば、その対話や 論議は皆にとって意味深いものなのです。

9.具体的に:レポートはあいまいまたは一般化された抽象的なコメントよりは特定のイベントや 作品についてのものであるべきです。

10.みんなのものに:一般の視聴者にとって開かれ、使われうるものであるべきです。
レポーターは自分がレポートしたメディア情報やイベントについての適切な情報を 与えるべきです。