daumae3.jpg

amakuchi1.gif プロフィール

堂前 雅史 (どうまえ まさし)
ヒト(Homo sapiens)

共生生物(脊椎動物に限定)
性別 続柄 採集地 個体数 写真
ヒト
Homo sapiens
配偶者 東京都新宿区 写真なし
ミシシッピーアカミミガメ
Trachemys scripta elegans
ペット 神奈川県湯河原海岸 1 写真なし
アオダイショウ
Elaphe climacophora x Elaphe climacophora f.albino
♂? ペット 東京都内 1 写真なし




 
経歴nezumi_half.gif


1959年 東京都で出生(性別:♂ )。その後、川崎市麻生区に転入して、ずっと多摩丘陵の山野の中で育つ。
tesso 1977年3月 神奈川県桐蔭学園高等学校理数科卒業
1978年4月 東京大学教養学部理科二類入学
この頃、芝居にうつつを抜かす。その後、勉強が好きになって5年間大学にいた。
その間、4年生になってから、毛利秀雄、木村武二両先生に引率されて臨海実習に行った油壺の臨海実験所のすばらしい自然と多様な海洋生物が私の人生を変えた。
この間のことは『エスキス2002』の拙論 を参照のこと
1983年3月 同 教養学部基礎科学科卒業
1983年4月 東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻修士課程入学
1985年3月 同 修了
1985年4月 同 博士課程進学
1988年3月 同 修了。理学博士学位取得。学位論文「マウスの尿マーキング行動に関する行動内分泌学的研究 」。
1988年4月〜1996年3月 東京大学教養学部生物学教室助手。
1996年4月〜2001年3月 改組により東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系助手。学部は広域科学科(基礎科学科第2)に所属。
2001年4月〜2003年3月 和光大学人間関係学部人間関係学科講師
2003年4月〜2007年3月 和光大学人間関係学部人間関係学科助教授
2007年4月〜2008年3月 和光大学現代人間学部身体環境共生学科准教授(改組により)
2008年4月〜      和光大学現代人間学部身体環境共生学科教授

2008年11月〜2016年3月 和光大学地域・流域共生センターセンター長(2008年度教育GP〈質の高い大学教育推進プログラム〉流域主義による地域貢献と環境教育」取組担当)

 この間、
1989年10月〜1991年3月 武蔵大学人文学部非常勤講師:「現代の生物学」担当
1994年 3月〜1996年3月 明治薬科大学薬学部非常勤講師:「生物学」担当
1998年10月〜2001年3月 玉川大学文学部非常勤講師:「ロジック」担当(農・工・文学部共通)
2003年 4月〜2004年9月 恵泉女学園大学人文学部非常勤講師:「生物多様性論a」担当
2003年 9月〜2006年3月 玉川大学教育学部非常勤講師:「科学の倫理」担当
2004年 9月〜2005年8月 国士舘大学21世紀アジア学部非常勤講師:「先端技術と21世紀社会」担当
2007年 4月〜 2015年8月 早稲田大学大学院政治学研究科科学技術ジャーナリスト養成プログラム(2010年度よりジャーナリズムコース・科学技術ジャーナリズム・プログラム」)非常勤講師:「遺伝子技術概論」担当
2007年 9月〜      武蔵工業大学(2009年度から東京都市大学)工学部・知識工学部非常勤講師:「科学技術史」担当
2014年4月〜2015年8月     放送大学面接授業「足もとの環境を考える」担当
2017年7月〜2018年8月     中央大学理工学部「ヒューマンバイオロジー」担当







  研究活動

著作・論文

〈論文〉fuchou.gif  

〈その他〉teikou.gif 〈共訳〉shiyuu.gif 〈辞典類分担執筆〉 〈監修・協力等〉
〈発表・講演など〉(覚えている範囲で)こういうものって業績といえるものなのか分からないが、メモっておかないと自分でも忘れてしまうということもあるし、また市民が講演依頼したりするときの資料になるということを先日伺ってなるほどと思ったこともあり、リストアップした。 〈学外活動・社会活動〉 〈環境教育資格〉

〈所属 学会〉(加入順)
日本動物学会宇宙生物科学会、日本科学史学会生物学史分科会、と学会 、日本生物教育学会、日本進化学会動物園研究会 、動物観研究会 、科学技術社会論学会(STS学会)

他には、筆名で こんな本 こんな本 こんな本 こんな本 こんな本 も書いたことあるけど、和光大の教員を料理する羽目になるとヤバイから、筆名は内緒。



図は寺島良安『和漢三才図会』、鳥山石燕『図説百鬼夜行』より


堂前研表紙へ









/p>

堂前研表紙へ