教員

末木 新(すえき はじめ)
末木 新
(すえき はじめ Sueki Hajime)

 経歴

 専門は,臨床心理学です。東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コースにて,「インターネットを活用した自殺予防に関する研究」というテーマで博士(教育学)を取得しました。2012年4月から和光大学現代人間学部心理教育学科に専任講師として着任しました。

 最近の教育活動

 主な担当科目は,臨床心理学A・B(臨床心理学概論),臨床心理学演習(3・4年ゼミ),心理学研究法(面接法, 質問紙法), 自殺学(共通教養)などです。また,心理学基礎実験やプロゼミ(1年生ゼミ)も担当しています。

 最近の研究活動

 現在,大きく2つのテーマに取り組んでいます。

 1つ目は,インターネット上の行動とメンタルヘルスとの関連についてです。自殺関連サイト/自殺サイトと呼ばれているものが,どのような活動がなされる場であり,利用することによりどのような影響を受ける可能性があるのかということについて明らかにしてきました。また,自殺や自殺予防の方法について情報提供することの影響についても自らサイトを運営しながら検討をしてきました。ネットの自殺予防活用という観点から、現在では、夜回り2.0という自殺予防のためのオンライン・ゲートキーパー活動にも関わっています。

 2つ目は,心理療法や自殺対策とお金の関連です。これまで,私の専門である心理援助の価値を金銭的・経済的に評価するという試みはほとんど行われてきませんでした。そのため,これらの活動にどの程度の投資をすることが,多くの人々の生活の向上や幸福に結びつくのかということは分かっていません。こうしたテーマについても取り組んでいます。最近では、自殺に関する教育活動を通じて、どのようにすれば自身の自殺リスクを削減するために投資をしたくなるか?という問題意識をもとにした研究を行っています。

 学外活動

 日本心理学会,日本心理臨床学会,日本自殺予防学会,日本行動療法学会等に所属しています。

 最近の著作・論文(及び作品)

著作

末木新 (2013). 自殺予防の基礎知識―多角的な視点から自殺を理解する― デザインエッグ社

末木新 (2013). インターネットは自殺を防げるか―ウェブコミュニティの臨床心理学とその実践― 東京大学出版会

論文(最近の主要論文のみ)

Sueki, H. (accepted). Impact of educational intervention on willingness-to-pay for suicide prevention: A quasi-experimental study involving Japanese university students. Psychology, Health & Medicines. doi: 10.1080/13548506.2017.1371777

Sueki, H., & Ito, J. (accepted). Appropriate targets for search advertising as part of online gatekeeping for suicide prevention. Crisis.

Sueki, H. (2017). The relationship between attitudes toward suicide and willingness to pay for suicide prevention: A cross-sectional study in Japan. Psychology, Health & Medicines, 22, 1072?1081. doi: 10.1080/13548506.2016.1274409

Sueki, H. (2016). Willingness to pay for school counseling services in Japan: A contingent valuation study. Asia Pacific Journal of Counselling and Psychotherapy, 7, 15?25. doi:10.1080/21507686.2016.1199438

Sueki, H. (2016). Willingness to pay for suicide prevention in Japan. Death Studies, 40(5), 283?289. doi:10.1080/07481187.2015.1129371

Sueki, H., & Ito, J. (2015). Suicide prevention through online gatekeeping using search advertising techniques: A feasibility study. Crisis, 36(4), 267?273. doi:10.1027/0227-5910/a000322

Sueki, H. (2015). The association of suicide-related Twitter use with suicidal behaviour: A cross-sectional study of young internet users in Japan. Journal of Affective Disorders, 170(1), 155-160.

Sueki, H., Yonemoto, N., Takeshima, T., & Inagaki, M. (2014). The impact of suicidality-related internet use: A prospective large cohort study with young and middle-aged internet users. PLoS ONE, 9(4), e94841.

Sueki, H. (2013). Economic value of counseling services as perceived by university students in Japan: A contingent valuation survey. Journal of Psychology & Psychotherapy, 3(5), 127. doi: 10.4172/2161-0487.1000127

Sueki, H. (2013). The effect of suicide-related Internet use on users’ mental health: A longitudinal study. Crisis, 34(5), 348-353. doi: 10.1027/0227-5910/a000201

Sueki, H. (2012). The association between the experience of deliberate self-harm-related Internet searches and mental states of and lifetime suicidal behaviors in Japanese young adults. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 66(5), 451-453. doi: 10.1111/j.1440-1819.2012.02357.x

Sueki, H., & Eichenberg, C. (2012). Suicide bulletin board systems comparison between Japan and Germany. Death Studies, 36(6), 565-580. doi:10.1080/07481187.2011.584012

Sueki, H. (2011). Does the volume of Internet searches employing suicide-related search terms influence the suicide death rate? : Examining data from 2004 to 2009 in Japan. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 65(4), 392-394. doi: 10.1111/j.1440-1819.2011.02216.x


 その他の業績につきましては,researchmapをご覧ください。


戻る