教員

菅野 恵(かんの けい Kanno Kei)
菅野 恵
(かんの けい Kanno Kei)

経歴

・専攻分野:児童心理学、臨床心理学(学校・児童福祉領域)
・最終学歴:帝京大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程単位取得満期退学
・学   位:博士(心理学)
・資   格:公認心理師、臨床心理士
・兼   職:立教大学兼任講師、早稲田大学非常勤講師、児童養護施設心理療法担当職員(嘱託)
・主な職歴:帝京大学・明星大学・東京女子大学非常勤講師、公立小学校・中学校・高等学校スクールカウンセラーなど。

最近の教育活動

・2015年4月〜2020年3月 和光大学現代人間学部心理教育学科准教授
・2020年4月〜現在 和光大学現代人間学部心理教育学科教授
・2020年4月〜現在 和光大学学生支援ディレクター
・フリースクールと菅野ゼミの交流プロジェクト(2017年度〜)
・学生によるオレンジリボン運動全国大会奨励賞(2018年度、2019年度)
・主な担当科目:児童心理学、教育・学校心理学、虐待防止の心理学、児童心理学演習など

最近の研究活動

・スクールカウンセリングに関する研究
・児童福祉領域における子どもと家族に関する追跡的研究
・研究キーワード:スクールカウンセリング、子どもの心の傷つき、保護者の心理、児童虐待、ネグレクト、家族再統合

学外活動

・日本学校メンタルヘルス学会理事、評議員、編集委員(編集委員長)
・日本精神衛生学会常任理事、編集委員
・日本学校メンタルヘルス学会第17回大会事務局長
・日本精神衛生学会第34回大会長、第33回大会副大会長、第23回大会実行委員
・乳児院および児童養護施設心理療法担当職員、スクールカウンセラーへのスーパービジョン
・各種機関研修会講師
・所属学会
 日本学校メンタルヘルス学会、日本精神衛生学会、日本心理臨床学会、日本子ども虐待防止学会、日本サイコセラピー・薬物療法学会、日本LD学会

最近の著作・論文(及び作品)

著作
【単著】
「福祉心理学を学ぶ」(勁草書房)2020年
「児童養護施設の子どもたちの家族再統合プロセス」(明石書店)2017年

【編著】
「スクールカウンセリングの『困った』を解消するヒント」(大修館書店)2019年

【共著・分担執筆】
「公認心理師実践ガイダンス1 心理的アセスメント」(木立の文庫)2019年
「公認心理師の基礎と実践 関係行政論」(遠見書店)2018年
「学校メンタルヘルスハンドブック」(大修館書店)2017年
「心の専門家が出会う法律【新版】臨床実践のために」(誠信書房)2016年
「はじめて学ぶ心理学」(大学図書出版)2015年
「発達科学ハンドブック第7巻 災害・危機と人間」(新曜社)2013年
「いじめ 予防と対応Q&A73」(明治図書出版)2012年
「学校・地域で役立つ子どものこころの支援 連携・協働ワークブック」(金子書房)2011年
「ストレス科学事典」(実務教育出版)2011年
「教師のための学校カウンセリング学・小学校編」(至文堂)2006年
論文(主な論文のみ記載)
菅野 恵(2020). 大学生による児童虐待防止プロジェクトを通したアクティブラーニング 和光大学現代人間学部紀要,13,93-101.
菅野 恵(2019). 不登校を経験したフリースクールの小学生との交流プログラムの試み 和光大学現代人間学部紀要, 12, 177-184.
菅野 恵(2017). 児童養護施設入所児童における精神疾患の親から受ける心理的影響 和光大学現代人間学部紀要, 10, 103-112.
菅野 恵(2016). 学校と児童福祉との連携 精神科治療学, 31(4), 513-517.
菅野 恵・藤井 靖(2014). 公立小・中・高等学校における支援の行き詰まりが生じた複数事例の検討 学校メンタルヘルス, 16(2), 152-160.
菅野 恵(2014). 親の精神疾患と子どもの課題についての質的検討 帝京大学心理学紀要, 18, 23-29.
菅野 恵(2013). 反社会的行動を繰り返すネグレクト児への心理療法 日本サイコセラピー学会雑誌, 14(1), 87-97.

その他の業績は独立行政法人科学技術振興機構researchmapを参照
その他(外部サイト)
菅野研究室ホームページ
https://www.kanno-labo.com/
戻る