ホーム > 利用案内 > サービス別案内

対面朗読サービス

図書・情報館では、視覚障がい学生の図書・情報館利用をサポートするために、対面朗読サービスを実施しています。

対面朗読といっても、対面朗読室での朗読だけでなく、図書・情報館利用全般にわたってのサポートとして、<さとるくん>(図書・情報館資料検索システム)の検索や、一緒に書架に本を探しに行ったり、授業中に配布された資料を読んだり、辞書を引いたりなどさまざまな仕事を行います。

4月に朗読者の募集を行い、授業の時間割にあわせて朗読時間を決め、利用者と朗読者(本学学生)が、1年間(授業期間中)ペアを組んで実施します。

対面朗読室

拡大読書機


利用者

  • 本学学部生・院生を対象としたサービスです
  • 1、2年生は、週2コマ利用できます
  • 3、4年生は、週3コマ利用できます

このほか、必要に応じて、図書・情報館職員による朗読サービス(予約制)を行います。

朗読者

  • 1人週1コマ担当
  • 朗読料を支給します

図書・情報館の仕事や、調べもの、サービスサポートなどに関心のある学生のみなさんの協力をお待ちしています。


▲このページの先頭へ