お知らせ

お知らせ

 

インフルエンザ予防について

学生、教職員の皆さんは各自インフルエンザ予防に努めてください。

もし、インフルエンザと診断された場合は、すみやかに医務室に連絡してください。



毎年のように流行するインフルエンザ。
冬場に流行する病気で、高熱などの症状や感染力が強い特徴です。

インフルエザの感染経路
 1.飛沫感染
 2.接触感染

マスク・うがい・手洗いによる予防
 1.マスクの着用
 2.手洗い
 3.帰宅後のうがい

体調管理と生活環境による予防
 インフルエンザは免疫が落ちている時に感染しやすので、全体的な体調管理や生活 環境の管理が非常に大切です。
 1.体調管理
  ・睡眠を十分にとる
  ・規則的な生活
  ・栄養バランスの整った食事
  ・疲れをためないこと

 2.生活環境
  ・ストレスが強い環境を避ける。
  ・インフルエンザウイルスは、乾燥している環境で増強するため空気を乾燥させない。
  ・外出はあまり混まない時間帯を選ぶ。

インフルエザワクチン
 インフルエンザワクチンは、インフルエンザウイルスが身体に入ってきた時に感染しないよう完全に阻止する働きはありません。もっとも期待できる効果は、インフルエンザに罹ってしまった時に重症化を抑えることです。罹ってしまっても比較的軽症で回復するため、ワクチンの接種は意味のある事です。
 
インフルエンザの症状
 突然の高熱と全身症状がみられます。下記の症状がみられたら病院を受診してください。
 ・高熱(38.0℃以上)
 ・全身倦怠感
 ・食欲不振
 ・関節痛、筋肉痛


★下記PDFでも同じ内容を確認できます。

インフルエンザにご注意![PDF/180KB]



お問い合わせ

学生支援室 医務室(G棟1F)

TEL:044-989-7498

このページの先頭へ