学部・大学院

芸術学科

芸術学科 わたしの学び方

岡 夢野さん

熊本県・熊本信愛女学院 卒

大変なことだからこそ、どう楽しんでやっていくか。

 高校生の時は美術部で、絵を描くことに夢中でした。当時から人が自分の絵に触った時の感触、見た時のワクワク感を意識しており、その追求をさらに進められそうな和光の芸術学科を選びました。また映画館のフライヤーを集めていたこともあり、デザインの分野でも人の感覚を刺激するようなものを作りたいと思っていました。大学生活は新しい経験の連続で、中でも大きかったのは「地域デザイン」の授業です。農家の方々とともに農業の高齢化や後継ぎ不足などの解決策を探る授業で、私はワインやドライフルーツなどのパッケージデザインを通じ、若い層に手に取ってもらえる商品づくりを考えました。ここで、商品ができるまでの過程を知り、その大変さも痛感しました。大変でもやらなければならないことがあるから、それを「どう楽しみながらやっていくか」が重要なのだと学びました。先輩の作品を見ると、文字の配置など細かな工夫がされていて、普段何気なく見過ごしてきたデザインにも意味があることを知りました。そこに気づけるようになったことが、自分にとってとても大きな成長だと感じています。

このページの先頭へ