学部・大学院

経済・経営学部

心理教育学科 わたしの学び方

心理学専修
中村 亜海さん

神奈川県・金沢総合高等学校 卒

探究心の高い学生に、とことん付き合ってくれる。

 もともとは警察官が夢でしたが、高校の先生から法務教官を勧められ、医療少年院の見学に行く中で心理学に興味を持ちました。青年心理学を専門とする高坂先生のゼミでは、大学院生と一緒に研究を行っています。3年次では、研究について院生の先輩方から事前に添削やアドバイスをいただきながら仕上げ、ゼミで発表。その後先生からも意見をいただき、さらに研究の質を上げていく・・・の繰り返しです。先輩方は知識も経験も豊富で、初めは指摘されるのが怖かったのですが、今ではありがたかったと思っています。ゼミが厳しい分、一緒に乗り越えてきた同期とは団結力も生まれました。卒論のテーマは「青年期の避妊理由尺度の作成と信頼性・妥当性の検討」。避妊する・しない理由の研究資料がなかったためWebアンケートを作成し、分析しながら提出ギリギリまで研究を進めました。また、和光では自分の学科以外の授業も取れるのが魅力です。いじめや自殺を心理学ではなく社会学的に見るとどうかなど、学びの幅が広げられます。今後は和光の大学院に進み、公認心理師の国家資格を取りたいです。

子ども教育専修

(初等教育課程)
阿部 佳鼓さん

神奈川県・戸塚高等学校 卒 

子どもの成長をいっしょに喜べる先生でありたい。

 教師になりたいと思い始めたのは小学校1年生の時。担任の先生との出会いがきっかけでした。それから小中高といろいろな先生を知る中で、「子どもに好かれる先生ってどんな先生だろう」「その信頼関係はどこから生まれるんだろう」ということをずっと考えてきました。和光大学の子ども教育専修を選んだのは、和光学園の小学校があり、授業見学などの機会が多いことに魅力を感じたからです。校長先生のお話を聞けたり、体験学習に同行できたり、やはり実際の教育現場に行くと、新鮮な発見がいっぱいあります。授業の中で特に印象に残ているのは、2年次に受けた「発達障がいの基礎」です。障がいのある子どもがどういう世界観で物事を見ているのか、何に困っているのかに初めて気づきました。そして3年次の「グローバリゼーションと教育」もです。外国籍の子どもたちに目を向けた授業で、子どもだけでなく、その家庭背景まで見つめて接する大切さを知りました。そこから学んだのは、一人ひとりにきちんと向き合い、その子の立場になって考えることです。子どもの成長を、いっしょに喜べる先生になりたいと思います。

子ども教育専修

 保育コース
(幼児教育課程)
松下 紗也さん

鹿児島県・国分高等学校 卒 

子どもたちに楽しんでもらう表現を追求したい。

 小学生の頃、幼いいとこたちの面倒をみているうちに保育士になりたいと思うようになりました。保育実習は3年次からですが、1年次から幼稚園での見学実習もあるので早くから子どもたちと直接触れ合うことができます。ほかにも施設実習があり、どんな施設に行きたいか自分で選べるのが和光大学の大きな特長です。私は保育のほかに心理学にも興味があったので、児童発達支援センターを選びました。所属する後藤ゼミでは人形劇やパネルシアターをつくり子どもたちの前で発表するのが主な活動ですが、コロナ禍の影響で対面での公演が難しく、オンラインツール(Zoom)を活用しました。ゼミの仲間たちとアイディアを出し合い、オンラインならではの表現や演出を考え発表したところ、子どもたちに大好評。1時間と長めの公演でも、子どもたちが集中して画面を見ていたと聞いた時は嬉しく、自信につながりました。保育コースはみな必修も同じせいか仲がよく、困った時は相談し、協力し合える関係です。先生との距離も近く、保育のこと、将来のことなど、なんでも話せるので心強いです。



このページの先頭へ