学部・大学院

経済・経営学部

心理教育学科の特色

心理教育学科は専門性を追究する2専修・1コース

心理教育学科は、心理学を中心とする「心理学専修」、小学校と幼稚園の教員免許が取れる「子ども教育専修」、保育士資格と幼稚園教員免許が取れる「保育コース」の2専修・1コースがあり、心理学と教育学と保育学の考え方や知識をしっかり学べます。
その3つの視点から、乳幼児から青年、老年期まで、人の一生を通じた成長と発達、社会における関わりのあり方を研究する学科です。
心理学専修では認定心理士資格が、子ども教育専修では小学校教諭一種・幼稚園教諭一種免許が取得でき、保育コースでは保育士資格・幼稚園教諭一種免許が取得できます。
 ※認定心理士資格取得のためには各自、認定委員会への申請が必要です。

各専修・コースのページから詳細がご覧いただけます。

心理教育学科の中で学ぶメリット

心理学・教育学・保育学の各分野での総合的でアカデミックな成果を学びあいます。研究法・実技科目・インターンシップなどを通じて実践的な力を身につけます。広い視野を持ち、深く物事を考え、現実の問題にガッチリと取り組むことのできる人間形成を、厳しくかつ楽しく行える学科です。

ゼミ紹介

梅原利夫ゼミ「教育文化論演習」


梅原利夫先生

チャレンジする姿勢があれば、新しい力を獲得する道が開けます。


私のゼミのテーマは「学びの現場から考える現代日本の教育課題」です。教育の現場での困難、苦労、努力、喜び、やりがいに共感し、ともに課題を考えあっていくことを目指しています。

 

学生のみなさんに期待することは、常にチャレンジする姿勢を持ち続けて欲しいということです。ゼミの主役は、学生と指導教員の私との双方です。私は問題提起者ですから、学生が「素直に自分の考えやぎもんを出しあう」ことが重要だと考え、そのための雰囲気づくりや応援に努めています。

このページの先頭へ