学部・大学院

経済・経営学部

心理教育学科の特色

心理教育学科は専門性を追究する2専修・1コース

心理学と教育学と保育学の考え方や知識をしっかり学べます。その3つの視点から、乳幼児から青年、老年期まで、人の一生を通じた成長と発達、社会における関わりのあり方を研究する学科です。心理学専修では公認心理師の学部科目の履修や、認定心理士資格が取得でき、子ども教育専修では小学校教諭一種・幼稚園教諭一種免許が取得でき、保育コースでは保育士資格・幼稚園教諭一種免許が取得できます。
※公認心理師資格取得のためには大学院進学が必要です。
※認定心理士資格取得のためには各自、認定委員会への申請が必要です。

各専修・コースのページから詳細がご覧いただけます。

心理教育学科の中で学ぶメリット

心理学・教育学・保育学の各分野での総合的でアカデミックな成果を学びあいます。研究法・実技科目・インターンシップなどを通じて実践的な力を身につけます。広い視野を持ち、深く物事を考え、現実の問題にガッチリと取り組むことのできる人間形成を、厳しくかつ楽しく行える学科です。

PICK UP ゼミナール

心理教育学科 大西先生 画像
初等教育学ゼミナール  大西 公恵


「探究心を持って、さまざまなことに果敢に挑戦してほしい。」

 毎学期、必ず全員が小学校と幼稚園の見学に行き、レポートを作成して討論を行っています。また夏と冬のゼミ合宿では、研究報告会を行いじっくりと議論するほか、博物館や水族館などの社会教育施設を見学します。本や論文を読んで確かな知識を身につけるだけでなく、教育現場で授業見学をしたり、子どもと関わる活動をするなど、実践的に学びを深めていってほしいと思います。

心理教育学科 菅野先生 画像
児童心理学ゼミナール  菅野 恵


「主体性を尊重することは常に心がけています。」

 「学生によるオレンジリボン運動全国大会」に出場し、2年連続で奨励賞を受賞しています。2020年はコロナ禍でイベントが思うようにできない中、児童虐待に関連する1分動画を制作し、Twitterで発信するなどユニークなオンラインイベントを実施して好評でした。ゼミでは主体性を重視しますので失敗を恐れず、いろんなことにチャレンジしてもらいたいです。

このページの先頭へ