学部・大学院

和光大学現代人間学部紀要 第3号(2010年3月発行)

このページの利用にあたっては著作権関係諸法規ならびに社会的慣習を遵守してくださるようお願いします。

以下の各論文はpdfファイル形式です。これを表示するためにはAdobe社が無償で提供するソフトウェアAdobe Readerが必要です。

表紙  (190KB)

扉  (29KB)

目次(和文)  (98KB)

目次(英文)  (39KB)

1930年代における野村芳兵衛の綴方教育 「文化交通」の構想とその挫折・・・・浅井幸子 (396KB)

生活綴方における対話の教育の系譜 平野婦美子著『綴る生活の指導法』の検討・・・・浅井幸子  (415KB)

大学生のいじめ認識についての考察 「被害者にも原因あり」をめぐって・・・・梅原利夫 (460KB)

韓国における授業を中心とした学校改革への挑戦と課題 以友(イウ)学校の事例を中心に・・・・申 智媛  (827KB)

OECDコンピテンシー概念の分析と一面的「PISA型学力」の問題点・・・・奈良勝行  (465KB)

イタリアの地理教科書にみる日本イメージの変遷・・・・上野隆生  (487KB)

アイヌの海外交流と民族の復権 1970年代のアイヌ中国訪問がもたらしたもの・・・・ムンクジルガラ  (503KB)

<歴史>と<物語>のあいだ 軍人映画監督による「中国革命戦争映画」・・・・劉 文兵 (534KB)

沼正三と天野哲夫 ある覆面作家の素顔をめぐって・・・・鈴木真吾  (659KB)

The Motive and Method of Husserlian Phenomenology The Possibilities of ‘Essential Insight’・・・・NISHI Ken(西 研)  (98KB)



<研究ノート>

郷学「継声館」の足跡と『継声館日記』の人々・・・・太田素子  (516KB)

<研究ノート>
タイダルモデルと浦河べてるの家
英国と北海道から生まれた精神障害者のためのコミュニティ的人間関係援助・・・・いとうたけひこ/小平朋江/穴澤海彦/井上孝代  (410KB)

<証言と資料>
文学雑誌『人民文学』の時代 元発行責任者・柴崎公三郎氏へのインタビュー・・・・道場親信/鳥羽耕史  (740KB)

ページの先頭へ戻る▲

和光大学保育ワークショップ
幼児期に育てたい力 幼小接続問題と和光鶴川幼稚園の保育

扉  (53KB)

はじめに・・・・太田素子  (102KB)

和光鶴川幼稚園の保育が大切にしてきたこと・・・・保志史子  (329KB)

和光幼稚園の保育 その歴史的な意義について・・・・宍戸健夫  (275KB)

和光幼稚園における保育内容研究の足跡 意見交換と考察・・・・浅井幸子  (193KB)

公開シンポジウム
包括的共生概念の構築に向けて 「共生」は胡散くささを乗り越えられるか

扉  (114KB)

第1部◎「共生」への問いかけ

「共生」は「学」なのか・・・・野中浩一  (238KB)

歴史にみる「共生」・・・・上野隆生  (162KB)

他者と生きる スリランカ仏教社会から考える・・・・澁谷利雄  (187KB)

海は誰のもの 慶良間諸島のダイバー規制を中心に・・・・小林正典  (171KB)

第2部◎和光大学の学生活動にみる「共生」とは

「ムーブメント教室」にみる共生・・・・小林芳文/大橋さつき  (177KB)

「かわ道楽」にみる共生・・・・堂前雅史  (186KB)

「野の学校」にみる共生・・・・矢田秀昭  (164KB)

第3部◎ディスカッション

いのち、あそび、共に生きる・・・・[パネリスト]最首悟/小林芳文/野中浩一  (326KB)

シンポジウムを終えて・・・・野中浩一  (100KB)

奥付  (29KB)

このページの先頭へ