学部・大学院

人間科学科バナー

教員紹介

今福 龍太 (イマフク リュウタ)

人間科学科 今福龍太先生
専攻分野
文化人類学
メディア研究
群島論
主な担当科目
都市論/映像人類学/遊戯論/身体論/音楽の社会学・人類学/スポーツ人類学/クレオール論

岩本 陽児(イワモト ヨウジ)

人間科学科 岩本先生 画像
専攻分野
社会教育学
生涯学習論
環境史(イギリスの環境保護運動、日本の博物館の研究など)
主な担当科目
生涯学習論社会教育論フィールドワーク(生涯学習)

高校までの勉強が大学での学びの基礎となります。知的好奇心旺盛で体を動かすことが好きな人を待っています。

上野 俊哉(ウエノ トシヤ)

人間科学科 上野俊哉先生
専攻分野
文化研究、メディア論
主な担当科目
シャーマニズム・アニミズム論/食の社会学・文化研究/負債の社会学・人類学/動物論/暴力論/エコロジーと人新世(アントロポシン)

今の社会は不幸なことにますます弱肉強食の度合いを強めている。このあり方を変えつつ、楽しく生きるためにも、狼になるか、羊に甘んじるか、スタイルを決めるのはきみたちだ。

打越 正行(ウチコシ マサユキ)

人間科学科 打越正行先生
専攻分野
社会学
沖縄
参与観察
主な担当科目
質的調査法の基礎/沖縄の社会と文化/現代世界入門A/貧困の社会学/現代社会と労働

「解るということはそれによって自分が変わるということでしょう(上原専禄)」
私が学問する時にいつも立ち返る言葉です。
学生の皆さん、焦らずに自分のセンスを信じて攻めてってください。そして自分をぶっ壊してください。応援しとります。

大橋 さつき(オオハシ サツキ)

人間科学科 大橋先生
専攻分野
ムーブメント教育・療法
主な担当科目
スポーツ方法学実習(ストレッチング&ダンス)/ムーブメント教育・療法/フィールドワーク(身体表現)
大橋 さつき オフィシャルサイトはこちら

「本当に楽しいことは楽(ラク)ではない」と一緒に舞台を創った和光生が言ってくれました。一人一人が自分の身体を取り戻し仲間と経験を交歓し合う場を大切にしたいです。

小野 奈々(オノ ナナ)

人間科学科 小野奈々先生
専攻分野
環境社会学
ボランティア論
主な担当科目
現代社会とNGO・NPO/ソーシャルデザイン論/社会運動の社会学/環境社会学/ラテンアメリカの社会と文化
コンテンツ
「『善意』とはどうやら社会の免疫のようなものらしい。」(和光3分大学)

あなた自身の個性と能力を磨きましょう。大学での「知的探究を行う自由」、「知の力を身につけることの自由」を支援します。

杉浦 郁子(スギウラ イクコ)

人間科学科 杉浦先生
専攻分野
ジェンダー
セクシュアリティ
主な担当科目
現代社会とジェンダーA/現代の家族/ジェンダー労働論/ジェンダーとメディア
コンテンツ
「オーストラリアのパスポートには性別欄が3つある」(和光3分大学)

性別や性愛に関する「当たり前」をとらえなおす機会を提供できたらと思っています。

制野 俊弘(セイノ トシヒロ)

人間科学科 制野先生 画像
専攻分野
体育科教育学
主な担当科目
スポーツ文化論入門/現代社会と心身問題B/スポーツ方法学実習(陸上競技)/スポーツ方法学実習(器械体操)/健康教育学

スポーツの不思議な世界を一緒に探りましょう。

中力 えり(チュウリキ エリ)

人間科学科 中力先生
専攻分野
言語社会学
国際社会学
主な担当科目
言語と社会A・B/国際関係学/現代ヨーロッパ社会論A/言語と社会B/マイノリティと言語
コンテンツ
「北海道は、なまら好き。沖縄は、でーじ好き。」(和光3分大学)

小さな疑問や関心事を深く掘り下げてみる。大学は、そうしたことができるところです。その先にはたくさんの発見が待っていることでしょう。

堂前 雅史(ドウマエ マサシ)

人間科学科 堂前雅史
専攻分野
動物行動学・生命科学論
主な担当科目
生命倫理学/地域流域社会論/地域流域政策論

堂前 雅史 オフィシャルサイトはこちら

何をやりたいか分からないまま和光大学に入ってきても4年間のうちに自分なりの面白いことを見つけ出して個性的な活躍をしている学生をよく見かけ、感心しています。


中田 崇(ナカダ タカシ)

人間科学科 中田崇先生
専攻分野
英米演劇、アメリカ文化
主な担当科目
英語/文化と演技/楽器の文化学/都市の社会史


演劇は時代の空気を映し出します。どのような文化や社会からどのような演劇作品が生まれるのか。台詞やト書きは言うまでもなく、舞台上の役者のわずかな動きや背景の装置にも確かな意味があり、その意味を読み解くことは作品の向こう側にある人間たちの営みを読み解くことにつながります。歴史、思想、風俗、文化など幅広い視野をもち、さまざまな要素がクロスオーバーする表現として演劇作品を考えてみたいと思います。

野中 浩一(ノナカ コウイチ)

人間科学科 野中浩一先生(2021大学案内)
専攻分野
衛生学・胎児期環境学
主な担当科目
論文作成法基礎/論文作成法応用/公衆衛生学/衛生学/生涯保健学基礎

野中 浩一 オフィシャルサイトはこちら

他人にも自分にも気持ちよく生きていくために、殻を破って羽ばたきましょう。人生の土台となる大学生活は、深く考えるもよし、動き回るもよし。かけがえのない4年間を!

原田 尚幸(ハラダ ナオユキ)

人間科学科 原田尚幸先生(2021大学案内)
専攻分野
スポーツマネジメント
主な担当科目
地域スポーツ推進の理論と実践/スポーツマネジメント論/スポーツマーケティング論

原田 尚幸 オフィシャルサイトはこちら

マネジメントの視点から「スポーツ」を見ると、とても面白い世界が見えてきます。和光大学で私たちと共に学び、充実した学生生活を送りましょう。

挽地 康彦(ヒキチ ヤスヒコ)

専攻分野
福祉社会学
移民研究
文化研究
主な担当科目
社会学入門A/福祉社会学A/移住論/日本における民族関係A(在日外国人)/グローバル社会学
コンテンツ
「ファミレスにいる若者たち。食べに来てるというより、住んでいる。」(和光3分大学)

気の合う友人でも、自分と違う世界観をもっていたりするものです。目の前にいる人への想像力をはたらかせて、気づくことのなかった世界に触れてください。

矢田 秀昭(ヤタ ヒデアキ)

人間科学科 矢田先生 画像
専攻分野
スポーツ科学
主な担当科目
運動生理学/健康体操学/スポーツトレーニング論

矢田 秀昭 オフィシャルサイトはこちら

しなやかに躍動的なからだを目指すならば、自分に適したオーダーメードのプログラムが必要なのです。知的にしかも継続的に肉体を刺激する必要があります。そんなことを学習します。

米田 幸弘(ヨネダ ユキヒロ)

人間科学科 米田先生
専攻分野
社会意識論
社会階層論
計量社会学
主な担当科目
社会学入門B/量的分析法/社会調査の方法/社会調査入門/社会調査実習/政治社会学/行動経済学
コンテンツ
「流行のビジネス本。ある意味、スタミナドリンクです。」(和光3分大学)

自分はどんな生き方がしたいのか。そのために何をすればよいのか。後悔しないために大学でしっかり考えておきましょう。

このページの先頭へ