授業風景 |  2019/02/09

1111日(日)の午後、プロゼミ(1年生必修ゼミ)の授業の一環で、
ミニフィールドワークに出かけてきました。
 
後期のプロゼミでは、まずディベートを行いましたが、テーマは学生が自ら
話し合って決めました。選ばれたテーマが「子どもにケータイは必要か否か」
だったため、学びを深めるようと「高津区地域教育会議 教育を語る
つどい委員会」の主催で開催された「教育を語るつどい 子どもを取り巻く
ネット・スマホの危険性と上手な利用法」に参加してきました。
 
つどいでは、まずジャーナリストの石川結貴さんの講演があり、その後
複数のグループに分かれての話し合いが行われました。


 


当日は、PTAの方々が大勢参加していたため、学生たちは、今まさに
子どものネットやスマホ利用の問題に直面している保護者の生の声を
きくことができました。その体験を通して、より現実的で身近な課題
としてこのテーマについて考える貴重な機会を得ることができました。
 
中力 えり(和光大学 現代社会学科)

このページの先頭へ