イベント学生の活動 |  2015/11/13

1030日(土)、111日(日)の2日間で、

和光大学の学園祭がおこなわれました。

 

▲私が顔を出したのは午前中だったので、
まだ人はそれほど来ていませんでしたが、
すでに学祭らしいにぎわいを見せはじめています。
卒業生が何人も来ていて、元気な顔をみせてくれたのもうれしい。

 

 

▲あちこちのお店から、「先生、○○買ってください!」という声が。

全部は買えないので、馴染みの学生がいるお店でうどんやモツ鍋、

じゃがバターなど、昼食を買わせてもらいました。

 

野外ステージでは、和太鼓部が演奏中。
現代社会学科の学生もがんばっていました。
礼儀正しく、とってもいい子たちなのです。

 

 


▲こちら、学祭実行委員会の本部です。

実行委員長をはじめ、ここでも現代社会学科の学生がスタッフとして大活躍。
 
 
今年の学祭は、例年以上にたくさんの来客があったそうです。
学祭のために頑張ってくれた皆さん、本当におつかれさまでした。
 
 
米田幸弘(和光大学 現代社会学科)


授業風景 |  2015/11/02


現代人間学部では、学生が内容などを企画する「学生自主企画ゼミナール」

という科目が開講されています。

 

自分が学びたいと思っているものの、そうした内容の授業が開講されていない

場合、自分で企画することができます。

 

応募のあった企画は、現代人間学部の教員が検討して、認められれば、

正式な科目として次年度開講されます。

 

条件は、以下の通りです。

1.全学の学生を対象として、誰でも履修できること。

2.現代人間学部の専任教員が指導教員としてつくこと。

3.単位認定のために、レポートか試験などの課題が課されていること。


来年度の「学生自主企画ゼミナール」の募集は、既にはじまっています。

締め切りは、★11月9日(月)★ですので、関心のある人は、適任だと思う

指導教員に相談し、企画書を提出してください。


詳しくは、掲示板で確認してください。


過去の例:

〇山形国際ドキュメンタリー映画祭自主フィールドワーク

○フェアトレードの可能性ー和光大学での推進ー

○バリアフリー・コミュニケーションの理論と実践

 


中力 えり (和光大学 現代社会学科)

1
このページの先頭へ