キャンパス風景 |  2007/09/18

今日、9月18日(火)は後期授業開始の日。

1限が始まる前から、多くの学生さんが和光坂を登っていく姿が見られました。

さて、久しぶりに大学に来て、目に付いたものは? 
タイトルにもあるとおり、私は学内のゴミ箱に目がいきました。
「あれっ? 種類が増えてる!」と思った人も多いはず。
 
和光大学でも、環境問題への関心が少しずつ高まっており、今年度に入り、クールビズ運動やエコワコプロジェクトなど、いくつかの取り組みが開始されました。こうしたエコ・キャンパス・クリーン活動の一環として、この9月からは、学内ゴミ箱・資源回収箱のリニューアルに取り組むのだそうです。
 
新しく、紙リサイクル用ボックスが設置されました。
また、分別の種類が、5種類(可燃ごみ/不燃ごみ/ペットボトル/ビン・カン/紙資源ごみ)に増えます。
 
ゴミの減量化・リサイクル化にはみなさんの協力が必要です。
夏を、これ以上暑くしないために、、、小さなことから、マメにやっていこうと思いました。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ