教職員から |  2021/04/15

総合文化学科・田村景子先生 編著『文豪たちの住宅事情』が2021年4月28日に出版されます。

みなさま、是非お手に取ってご覧ください。




文豪たちの住宅事情


<内容紹介>※笠間書院 書籍紹介WEBサイトより引用
夏目漱石から水上勉まで、総勢30名の文豪が、なぜその「土地」「家」に住んだのかを、人生の流れを通してその「事情」を解説

一生借家住まい(夏目漱石)、20坪の庭が全宇宙(正岡子規)、化物屋敷から瀟洒な洋館へ(佐藤春夫)、46か所住んで土蔵の書斎が終の棲家(江戸川乱歩)、「どこに住んでも同じことである」(太宰治)、竹に始まり竹に終わる(水上勉)……。住んだ家、住んだ土地から見えてくる文豪たちの人生と文学。

本書は、夏目漱石から水上勉まで、総勢30名の文豪を取り上げ、なぜ文豪はその「土地」に住んだ(選んだ、引っ越した)のか、またなぜ、その「家」を選んだのかを、人生の流れを通してその「事情」を解説します。
文豪が住んだ土地の当時の状況、住宅の値段や家賃、住宅内外の人間関係やエピソードも、エッセイや小説からの引用でわかりやすく紹介。
深い内容ながらも、親しみやすいデザインとイラストで、文学・文豪好きから、文学散歩のお供にと、幅広い層におすすめできる内容です。


田村景子 (著、 編集)
小堀洋平 (著)
田部知季 (著)
吉野泰平 (著)

発行:笠間書院 
価格:1,800円(税別)

ISBN:978-4-305-70939-4  


【笠間書院 書籍紹介WEBサイト】★こちらから試し読みもできます


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ