イベント |  2021/03/02

2021年3月をもって退職される、伊東達夫先生(経済学科)と上野哲郎先生(経営学科)の最終講義が2月13日(土)YouTube Liveでの配信にて行われました。

当日はライブ配信でしたが、動画を残しています。
ご参加いただけなかった方も是非こちらからご覧ください!(授業資料もご覧いただけます)

このブログでは当日の様子をご紹介します。




伊東達夫先生 題目「『アダム・スミス』という概念について考える 」

< 伊東 達夫(いとう たつお)先生プロフィール >
経済経営学部 経済学科 教授
1981年着任。専攻は経済学史、とくにアダム・スミス、スコットランド啓蒙思想。
「経済学史I・Ⅱ」「現代経済学史」などの授業を担当し、2009年から2018年7月まで学長を務めた。

 



上野哲郎先生 題目「私の経営学における関心の変遷について ―サイエンスとアートの往復過程で考えたこと―」  

< 上野 哲郎(うえの てつろう)先生プロフィール >
経済経営学部 経営学科 教授
1991年着任。専攻は情報マネジメント・技術マネジメント。
「情報の基礎」「テクノロジーマネジメント」「組織コミュニケーション」などの授業を担当し、学外では経営行動研究学会の理事を務めた。


  


講義終了後には花束が手渡されました。

 





最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ