教職員から |  2016/03/17

心理教育学科の山本由美先生の本が刊行されました。
皆さま、ぜひお手に取ってご覧ください。

「小中一貫」で学校が消える
編著者: 山本由美(和光大学教授)、藤本文朗、佐貫浩
出版社: 新日本出版社

2016年4月から小中一貫の「義務教育学校」が正式に制度化される。ただ、小中一貫校は全国的に増えたといわれるが、教育効果やデメリットが検証されたとはいえず、導入反対運動も多い。小中学校の統廃合の口実にもなっている実態を告発、政策的背景を分析しながら、教育学、心理学、財政学など多角的視点から検証する。


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ