教職員から |  2016/03/09

本学の心理教育学科の高坂康雅先生の本が3月15日(火)に刊行されます。
総合文化研究所プロジェクト「大学内における不登校支援の実践」の成果出版です。
皆さま、ぜひお手に取ってご覧ください。

『思春期における不登校支援の理論と実践』
編者: 高坂康雅
出版社: ナカニシヤ出版

2013年4月に和光大学の教室を利用して開室された不登校児童生徒を支援する適応支援室「いぐお〜る」の特徴や実践、課題を紹介するとともに、思春期の不登校を理解し、支援について考える論考も収録しています。
思春期の不登校を理論と実践からアプローチをした充実の内容となっています。


今回の書籍については、高坂先生のブログにも詳しく掲載されています。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ