教職員から |  2016/02/24

総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳された文庫本、アンドレアス・グルーバー『月の夜は暗く』(東京創元社)が2/23(火)に発売されました。3/12(土)には非常勤講師の遠山明子先生が翻訳した文庫本、ケルスティン・ギア『青玉は光り輝く』 (東京創元社) も発売予定です。
皆さま、ぜひお手にとってご覧ください。

アンドレアス・グルーバー『月の夜は暗く』 
大聖堂で見つかった女性の遺体。
パイプオルガンの演奏台に縛りつけられ、脇にはインク、口にはホースと漏斗が。
なにかの見立てか? 『夏を殺す少女』の著者が童謡殺人に挑む。


【作品紹介ページ: アンドレアス・グルーバー『月の夜は暗く』 】
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488160074

関連リンク
『夏を殺す少女』の著者が童謡見立て殺人に挑む!

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ケルスティン・ギア『青玉は光り輝く』(3/12(土)発売予定)


【作品紹介ページ: ケルスティン・ギア『青玉は光り輝く』】
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488557065


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ