教職員から |  2016/02/15

総合文化学科の酒寄進一先生が翻訳した、

フェルディナント・フォン・シーラッハ『罪悪』が、
2月13日(日) に文庫版として出版されました。



酒寄先生は『犯罪』『禁忌』など、
さまざまなフェルディナント・フォン・シーラッハ作品を翻訳しています。
今回の『罪悪』は過去に海外ドラマや、朗読公演にもなった短編集です。

単行本で読まれた方も、ぜひお手にとってご覧ください。


東京創元社 作品紹介ページ

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ