学生たちの活躍 |  2016/01/06

 経営学科の小林猛久先生のゼミ生が明治大学で行われた「全関東大学貿易研究団体連合会研究報告会」に参加しました。
ゼミ生の佐藤嵩さん(13E)、岡田拓也さん(13B)から当日の様子が届きましたので、ご紹介します。
--------------------------------------------------------------------------------
 私達、和光大学小林猛久ゼミナールでは12月20日(日)に明治大学で開催された「全関東大学貿易研究団体連合会研究報告会」に参加させていただきました。
明治大学、横浜商科大学、東海大学、和光大学の4校のゼミ生が貿易・国際取引・国際物流などに関連する論文を作成し共同発行するとともに、その内容に関する発表を行いました。
私達ゼミ生は「密輸―日本における輸出入禁止品の現状と課題」というタイトルの論文を作成し、発表しました。
 自分たちなりに発表の練習をしたつもりでしたが、実際に100名近い参加者を前にするととても緊張して話す内容を忘れたり早口になってしまったりと、思うような結果を出すことができませんでした。その一方、他大学の学生たちは姿勢や言葉遣いはもちろんのこと、メモをほとんど見ないで流暢にプレゼンをしていて、圧倒されました。また、論文の内容も、しっかりとした文献調査を踏まえた新たな仮説を立てて研究を進めるとともに、市場や企業などを実際に訪問調査する工夫をしていて説得力があり、自分たちの力不足と努力不足を痛感しました。
 今後は、この失敗を糧に1人1人が簡単に妥協せずお互いを刺激しあって成長できるように頑張りたいと思います。
佐藤嵩(13E)、岡田拓也(13B)


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ