教職員から |  2015/04/21

総合文化学科の上野俊哉先生から、研究休暇中の体験について、論考が届きましたのでご紹介します。
みなさま、ぜひご一読ください。

ストリートの終わりと始まり──空間論的転回と思弁的転回の間で


上野俊哉先生からコメントが届きましたので、ご紹介します。
---------------------------------------------------------------------------  
「異質力」ということを大学がうちだすにはどんな視点や試みが参考になるでしょう?
数週間前まで研究休暇で勉強していたアムステルダム大学での学生や教職員による「大学占拠」、
「自由大学」の一ヶ月の動きを、過去の都市論(社会学)や最近の哲学の動向に引き寄せて考えてみました。和光大学の今後にもおおいに参考になる中身かもしれません。
---------------------------------------------------------------------------  

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ