イベント |  2015/01/05

「疎開した40万冊の図書」上映会のお知らせです。




(※画像をクリックすると拡大します)

第二次世界大戦の中、戦禍から守るために、約1年をかけて
日比谷図書館から奥多摩や埼玉県に40万冊もの本が運び込まれました。
「後世のために本と文化を残したい」として行われた本の“疎開”。
現在もその一部が、都立中央図書館に文庫として収蔵されています。

その史実に基づいたドキュメンタリー映画の上映会が行われます。
和光大学図書・情報館もこの上映会を後援しています。
ぜひこの機会にご覧ください。


日時:2015年1月19日(月)10:30/14:00/17:00(30分前に開場)
会場:川崎市アートセンター(小田急線新百合ヶ丘駅 北口徒歩3分)
料金:一般1,000円 大学生700円 高校生以下500円

主催:「疎開した40万冊の図書」上映・川崎の会
後援:川崎市/川崎市教育委員会
/(公財)川崎市文化団/「映像のまち・かわさき」推進フォーラム
/麻生区文化協会/和光大学附属梅根記念図書・情報館
協賛:(株)北野書店/(株)有隣堂



最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ