イベント |  2014/06/11

本学卒業生で、作曲家として活躍する山本和智先生(非常勤講師・96L)が、
7月12日(土)に和光大学学生ホールにて「特殊音樂祭2014」を開催します。
みなさま、ぜひ足をお運びください!

---------------------------------------------------------------------------------------------

当音樂祭は今から5年前、個人的な興味と遊びの延長という動機の下、和光大学を舞台に音楽評論の西耕一氏と共にスタートしました。

過去3回、様々なゲストを国内外よりお呼びし、敏感な学生達の好奇心に応える形で細々と続けておりましたが、その後2年の休止を経て、今年はより豪華に開催することとなります。

第2回のゲストとしてお招きし、学生達の間で大きな話題となった孤高の作曲家、ロクリアン正岡氏を再び招聘。

また、現在イギリス在住でヨーロッパを中心に活躍、音楽に「身体性」を組み込む独自の音楽理論を展開する稀有な作曲家、薄井史織氏のパフォーマンス。

今年の3月、伊福部昭作曲「ラウダ・コンチェルタータ」で熱狂的かつ怒濤のマリンバソロで喝采を浴び(その名演を収めたCDの詳細はこちらhttp://sp.tower.jp/item/3571808)、
私、山本にとっても重要なコラボレーターである篠田浩美氏

旬の作曲家に焦点を当てることで知られる「Just Composed in Yokohama」シリーズ2014年度の委嘱作曲家であり国内外で注目される売れっ子作曲家、
川上統氏によるパフォーマンス。

「驚愕の現代音楽」シリーズなど、最も新しい音楽をレパートリーに据え、今後も活躍が見逃せない若手弦楽器集団、ロリエ弦楽四重奏団

今年、春秋社より「伊福部昭の音楽史」http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4393935829?pc_redir=1401788782&robot_redir=1を上梓され、トロッタの会で精力的に活動される詩唱家、木部与巴仁氏による魂の咆哮。

これらの面々が一堂に会し、この夏、和光大学学生ホールにて濃密な時間をお届けします。

また会場では料理研究家、四分一耕氏による「特殊飯」も販売致します。


■日時:7月12日(土) 開場14:30 開演15:00

■入場料:一般2000円、学生500円

これを逃せばもう二度と聴くことのできない一日限りのお祭り。

皆様、是非お越し下さい!  




文責:山本和智


最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ