教職員から |  2014/04/19

心理教育学科の末木新先生が研究・協力をしている自殺予防活動の解説記事が4/18(金)の北陸中日新聞に掲載されました。
「夜回り2.0」の効果についての解説や指摘をされています。

「夜回り2.0」とは
自殺リスクを抱えている人が検索しやすい 『死にたい』『○○ 死にたい』といったキーワードに対して検索連動型広告を掲載し、相談を促すページに誘導して相談員に直接メールを送ることができるという仕組み。     
このような活動は、世界的に例がなく、最終的に医療機関の受診などに導けたことが注目されている。 

参考URL

中日新聞 CHUNICHIWeb

【末木先生blog】自殺サイト:自殺 臨床心理学

WHO世界自殺レポート会議及び関連行事における「夜回り2.0」発表内容

夜回り2.0Facebook

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ