公開講座 |  2013/01/28


1月24日(木)市原市シルバーカレッジで経済学科の加藤巌先生が講座を行いました。

タイトル:東南アジアと日本の意外な関係 -ネコとバナナの交流史-
身近なネコとバナナを通じた、東南アジアと日本の意外な結びつきについての講座では、
市原市教育委員会の方や受講生がバナナの木になるという一場面もありました。

ダウンロード.jpg ダウンロード2.jpg日本には、いつ、どうやって猫が入ってきたのか?日本に分布する猫のしっぽの長さは?これらについて、日本最古の漫画と言われる「鳥獣戯画」や歌川国芳の「猫飼好五十三疋」などから検証しました。そこには物流貿易との意外な関係がありました。
また、バナナの生産については、半世紀変わらない価格や現地の過酷な労働環境など、厳しい現状についての話がありました。
シルバーカレッジの受講生は、社会経験が豊富な高齢者の方たちなので、大変興味深く熱心に耳を傾けていました。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ