地域との交流 |  2013/01/09


1月13日(日)に行われるどんど焼きに向けて、
6日(日)、本学学生と地域の方々とで、「塞の神」を立ち上げました。
----------------------------------------------------------

2013年1月13日に、岡上川井田地区のどんど焼きが行われます。
その準備に、和光大生が活躍しています。

年末の12月23日には、和光大学・かわ道楽の学生たちが、
どんど焼きの「塞の神(さいのかみ)」と呼ばれるやぐらを組みたてるための準備として、
竹の切り出しを地権者さんと一緒に行いました。

また、年明け1月6日(日)には、
和光大学・かわ道楽と和太鼓サークル竜鼓座を中心とした学生たち約30名が
地域の方たちと協力して「塞の神」を立ち上げました。

川井田地区のどんど焼きの伝承は、一度途絶えていましたが、
1996年、和光大学30周年記念事業として地域協働により復活しました。
以来、どんど焼きは毎年開催されるようになり、
今では大学と地域の架け橋となる象徴的な行事になっています。

今年のどんど焼きは1月13日(日)15:00頃に開催される予定です。
お正月飾りや書き初めで飾られた「塞の神」を燃やし、
一年の無病息災などを祈願してお正月の神様を空へとお送りします。


130109dondo1_R.JPG
▲「塞の神」を固定するための杭を打ち付けています


130109dondo2_R.JPG
▲地域の方と一緒に「塞の神」に達磨を飾り付けました


130109dondo3_R.JPG
▲力を合わせて「塞の神」を立ち上げました


>>詳しくはこちら
●12/23 新年どんど焼きの竹伐りを行いました。(2012年12月26日)
http://www.ryuiki-wako.jp/news/0702.html

●1/6 どんど焼き準備が 行われました(2013年01月08日)
http://www.ryuiki-wako.jp/event/0706.html

------------------------------------------------------------------------------

「どんど焼きを夜も楽しもう」と、今年も伊藤隆治先生が、
ライトアップとライトアートの演出をしています。
伊藤先生の作品「ひかりの森」(箱根彫刻の森美術館所蔵)もお楽しみください。

130109dondo4_R.JPG

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ