教職員から |  2012/07/16


経済学科の伊藤隆治先生(専門は環境芸術)がアートディレクターをつとめる
水族館アクアマリンふくしまが、昨日15日(日)に復興再オープン1周年を迎えました。
これを記念して、伊藤先生が、ナイトシアター「美しい海・私たちで守る!」を企画。
アクアマリンふくしまの屋外に巨大スクリーンが設置され、
ポーランド人水中カメラマンの美しく素晴らしい映像が上映されます。
スクリーンは500インチ以上、音響も大迫力だそうです。
※上映会は、本日(16日)19:00~が最終となります。

201207aquqmarine_R.JPG

チラシ(PDF:364KB)
-------------------------------------------------

企画主旨:
私たちが暮らすこの地球の美しさや素晴らしさを
Darek Sepiolo氏の映像を通して再確認し、
私たち誰もが「この美しい地球を守る」という意識を持ち合い共有するためのものです。
本テーマ「美しい海・私たちが守る」の中の海は、「地球」も指しています。
「地球」という大きな基盤が崩れしまっては、何もかもが崩れていきます。
自然環境のみならず、まちづくり、漁業農業問題、メンタルヘルス、教育も同じでしょう。
「美しい海・私たちが守る!」全てはここから始まります。

一人でも多くの人にこの意識をもってもらうための企画です。

経済学科  伊藤 隆治


-------------------------------------------------
>>アクアマリンふくしま公式サイト
http://www.marine.fks.ed.jp/index.htm

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ