地域との交流 |  2011/11/14


岡上小学校に本学教員・学生が出向き行っている国際理解教育プログラム「アジアシリーズ」。
今年4度目となる11月9日(水)は、タイ編が行われました。
経済経営学部教授の加藤巌先生からその様子が届きましたので、ご紹介します。


111112asia0_R.JPG
▲講師を務めたチャレンサック・ノムノイ・パックさん
---------------------------------------------

11月9日(水)、岡上小学校において国際理解教育プログラム
「アジアシリーズ(タイ編)」を実施しました。

今回は、タイ人留学生のチャレンサック・ノムノイ・パック君(経済学科4年生)が
担当してくれました。
お話しを聞いてくれたのは岡上小学校5年生2クラスの児童の皆さんでした。

まず、パック君はタイの基本的な情報を子供たちへお話ししました。
児童の皆さんはタイの首都がバンコクであることは知っている様子でしたが、
「その人口は?」という質問には、皆さん???の表情でした。
正解は約6600万人だそうです。
日本の人口の約半分ぐらいだったのですね。

パック君いわく、バンコクでは道を歩いていると、
あちこちから日本語が聞こえてくるそうです。
日本企業の進出が進んでいることもあり、
バンコク周辺には多くの日本人ビジネスマンやその家族が暮らしているそうです。
また、タイにはプーケット島などの美しい海を持つ優れた観光地があり、
多くの日本人観光客もやって来るそうです。

児童の皆さんからは色々な質問が出ました。
例えば、「最近のタイで人気があるものは何ですか?」といったものがありました。
ブログをお読みの皆さんは、パック君の答えは何だと思いますか?
実は、その答えは「韓国ドラマ」でした。
彼いわく、10年ぐらい前までは「日本の番組が人気だった」そうです。
パック君自身、日本のアニメを観ながら子ども時代を過ごしたそうです。

子供たちからの質問は続きます。
「タイではたくさんの人がゾウに乗って出掛けるのですか?」といったものもありました。
パック君の答えは、意外にも
「いまはゾウに乗って道路上に出ることは禁止されています。
仮に、自動車が行き来するような道路でゾウに乗っていたら、逮捕されてしまいますよ」
でした。児童の皆さんもびっくりした様子でした。

お話しの最後は、最近タイで大きな被害をもたらしている大洪水の話題になりました。
バンコクの様子を写した写真が数多くスクリーン上に映し出され、
児童の皆さんも食い入るように見入っていました。
中でも、水かさに負けないようにサドルの位置を高くした自転車などが登場すると、
「おぉすごい」といった声が上がっていました。
めげないタイの庶民の様子を見て、
児童の皆さんもタイへの親近感が増したのかなと思います。

この後、パック君の指導で、児童の皆さんはタイ料理を作りました。
アシスタントの松浦泰郎君(経済学科3年生)とスウペイニさん(経営メディア学科3年生)
も協力してくれて、皆で楽しく調理しました。
作ったのは「ココナッツミルク入りチキンスープ」です。

まず、鍋にお湯を沸かし、そこに数種類のハーブとココナッツミルクを入れました。
スープができたところで、鶏肉(脂身の少ないささみ肉でした)と
シメジを入れてひと煮立ちさせました。
最後にナンプラー(魚醤)をたらして味を調えて出来上がりました。

111112asia1_R.JPG 111112asia2_R.JPG
左)タイ料理のハーブ類を袋に詰めている様子
右)煮込みの段階。もうすぐ完成!


児童の皆さんもワクワクしながら、アツアツのスープをいただきました。
香ばしいハーブの香りとナンプラーのほんのりと酸っぱい感じが絶妙で美味しかったです。
児童の皆さんからの評判も良かったです。
僕の(勝手な)観察ですが、昨年実施したスリランカのチキンカレーと並んで、
児童の皆さんからの評判が良かったように思います。

111112asia3_R.JPG 111112asia4_R.JPG
左)スーペイニさんも子供達と一緒にテーブルを囲みました
右)アシスタントの松浦君は子供達の人気者!


今回も楽しく穏やかな雰囲気の中で授業が行われました。
児童の皆さんにタイという国への関心を引き寄せた授業だったと思います。
今回のパック君のお話を通じて、児童の皆さんには、タイという国、そして、
そこに住む人々の暮らしを身近に感じてもらえるようになったのではないかと思います。


次回のアジアシリーズは韓国編を予定しています。
これからも身近な国際交流を頑張って続きていきたいと願っています。
児童の皆さんと交流したい、アジアの食文化を知りたいなどという方々の
参加を歓迎します。

お問い合わせは国際交流センター(加藤巌)までどうぞ。

経済学科  加藤 巌


---------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ